りんごジュースのダイエット効果がやばい!体に良い栄養素満点の飲み物だった(飲み過ぎは注意)

今回は子供も大人も大好きなりんごジュースにあるダイエット効果と栄養について調査してみました!

コンビニやスーパーでももちろん売られており、高級なりんごジュースも最近では色々販売されていますよね。

何となく100%果汁のものは体にいいイメージもありますが、どんな所が体にとってメリットであるかを知っていますか?

今回は、りんごジュースに含まれる栄養素での体へのメリットと、実はダイエット効果も期待できるという事について詳しくご紹介して行こうと思います。

りんごジュースにダイエット効果がある?

ジュースはダイエットする時にはなるべく控えるのが一般的ですし、りんごジュースもダイエット中にはできるだけ避けなければならないのではと思ってしまいますよね。

りんごジュースは効果的な飲み方を知り実践さえすれば無理なくダイエットをするための心強い存在になります。

しかし、りんご単体での効果で痩せるという事はなく補助的な要素として食生活に取り入れる事が重要です。

また、りんごジュースを選ぶ際には濃縮還元ではなく、ストレート(できれば自分で皮も含めてりんごをすりおろしてジュースにするのが良い)を選ぶようのも大事です。

りんごジュースがダイエットに効果がある理由①

りんごは「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」と言われるほど健康に効果のある栄養素がたくさん含まれている果物です。

ダイエットのために食事を抜いたりして、栄養がしっかり取れているのか心配になってしまう場面でも、りんごをジュースにして摂取する事で効率的に栄養摂取をする事ができるのが「りんごジュース」にダイエット効果があると言われる理由の1つ。

もちろんリンゴジュースだけを飲んでいればいいという事ではありません。

一部の食事と置き換えたり食事と一緒に飲む事で満足感を得ながらも栄養を取る事ができ、無理なくダイエットを実践する事ができます。

りんごジュースがダイエットに効果がある理由②

りんごの中に含まれる栄養素の一部であるペクチン、オスモチン、ポリフェノール。

上記のような栄養素はダイエット効果が期待できる栄養素としても有名です。

食物繊維であるペクチンは、腸内で余分な栄養素や老廃物と吸着して包み込み体の外へ排出する手助けをしてくれ、腸内環境が整えられる事により便秘解消効果にも期待できます。

ダイエットに効果的なりんごジュースの飲み方は?

一部の食事と置き換える

一部の食事をりんごと置き換える事により、豊富な栄養を摂取しながらもカロリーの摂取を大きく抑える事ができ無理の少ないダイエットにつなげる事ができます。

置き換えの際に最も有効な食事の時間帯は朝食です。

朝に置き換える事で、りんごに含まれる食物酵素の働きを活かしやすく、1日の代謝能力を底上げしてくれる効果が期待できるとも言われています。

しかし、置き換えは1日1食程度にだけにするように注意が必要です。

りんごだけでは必要な栄養素を全て補うことはできません。

食事をりんごだけにしてしまう等のような過度な置き換えは健康を悪化させてしまう可能性も高く、ダイエットところでは無くなってしまいますよね。

糖質の高い食事と一緒に

りんごジュースは糖質が高い食事にプラスする事でダイエット効果があると言われています。

糖質の高い食事を食べすぎると血糖値が急激に上昇し、糖を脂肪に変えるインスリンが多く分泌されてしまい脂肪増加の原因になってしまいます。

しかし、食事にリンゴジュースをプラスする事によって、りんごに含まれるオスモチンという栄養素が糖質の代謝をアップしてくれる事により飲んでいない時に比べ脂肪がつきにくくなる。という事が言われています。

オスモチンは、メタボリックシンドロームを予防する効果があるといわれる、アディポネクチンの受容体を活性化させる働きがあることが知られています。さらにオスモチンは、アディポネクチンの分泌量が少ない人や、体質的にアディポネクチンを増加することができない人にとっても、アディポネクチンと似た働きをするため期待が寄せられています。アディポネクチンの働きが弱くなった状態だと、動脈硬化のほか血糖値や血中コレステロール値の上昇がみられることがわかっており、メタボリックシンドロームの予防に効果的だと考えられています。引用:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/osmotin/

りんごジュースを飲む量

次はりんごジュースを飲む量です。

これは、1回につき200ml(コップ1杯程度)が良いとされています。

200mlでおよそ96kcalのエネルギーがあるので飲み過ぎには注意が必要です。

りんごジュースによる効果はダイエット以外にも

・血液サラサラ効果

・老化防止効果

・脳の活性化の効果

も含まれています。それぞれも詳しくご紹介していきます!

りんごジュースの効果その1:血液サラサラ

血液がサラサラになる効果のある理由は、アップルペクチンと言う水溶性の食物繊維物質が悪玉コレステロールを善玉コレステロールにする働きを持っている為効果を発揮します。

このアップルペクチンは、塩分を体外に排出する作用も持っている為、とり過ぎた塩分を取り除きむくみ防止にもつながるかもしれませんね。

りんごジュースの効果その2:老化防止

老化防止に役立つのは、ダイエット効果と同じくポリフェノールの抗酸化作用によるものです。

生活習慣病や肌だけではなく、老人性痴呆症にも効果がある事が分かっており、りんごを日常からとっていると外側も若々しく、内側からも健康になれるんですね。

りんごジュースの効果その3:脳の活性化

最後は脳の活性化です。りんごに含まれている物質が、脳内ホルモンの分泌を促進させ脳の健康を高めるという報告があがっています。

ネガティヴな脳になる働きを抑えてくれる効果が期待でき、脳と神経細胞の伝達を助けるアセチルコリンと言う物質が日常的にりんごジュースを飲むことによって上昇して助けてくれることが分かっています。

りんごジュースの栄養は?

では、ダイエット効果だけではなく色々な良い働きを持つりんごジュースには、一体どのような栄養が含まれているのでしょうか?

・パントテン酸

体を作るエネルギー源を作るのに必要な酵素を助ける役割を持っており、皮膚や粘膜保護をする栄養素です。

・銅

体の中の血液を作る働き、骨や血管を正常に保つ働き、脳の働きを助けるなくてはならない栄養素です。

・ペクチン

水溶性食物繊維の一種で、整腸作用がありデトックスに効果のある栄養素です。

・ポリフェノール

体の中に出来てしまった酸化物質を無くす抗酸化作用を持っており、生活習慣病や老化防止に役立つ栄養素です。

りんごには血圧や視力低下を防ぐアントシアニン、花粉などのアレルギーから身を守るプロシアニジン、免疫力をあげてくれるエピカテキンなどのポリフェノールが入っています。

・ケルセチン

こちらもポリフェノールの一種ですが、高い抗酸化作用を持っており体の余分な活性酸素を除去してくれる働きを持っています。血管の老化が原因で起こる動脈硬化や、心筋梗塞の予防としても活躍してくれます。

が主な成分になっています。

水分なので、忘れてしまいがちですが栄養がある分、他はそのままの食事をしてしまうと余分なエネルギーを溜め込んでダイエット失敗・・と言うことにもなってしまうので注意してくださいね。

りんごジュースがダイエットに良い事に関しての世間の声

それでは最後に、りんごジュースがダイエットに良いことに関して世間はどう思っているのかをご紹介して行こうと思います。

りんごジュース単体だけではなく、どうしても食べたいときに一緒に摂取することでより効果的にしたり、我慢のしないダイエットは長く続く秘訣です。

また、ジュースだけではなくりんごジュースを使っておやつを作ったりする人もいるようです。

短期的に痩せる事だけではなく、体の健康や病気のリスクを下げて自分の身体を大切にすることが何より重要ですね♪

すぐに手に入るものなので、是非試してみてはいかがでしょうか!