公園でトレーニングをする方法は?使いやすい器具や遊具とやり方をご紹介

今回は公園の器具や遊具を使ってトレーニングをする方法を調査してみました!普段はジムに行っているけどお休みの日や閉まっている時間帯にどうしてもトレーニングをしたい場合や、すぐ近くに公園はあるけどジムは少し遠い・・と言う人にとっては公園ですぐにトレーニングが出来るとやる気度の高い内に始める事が出来るので、集中力も高く保つ事ができます。

もちろん費用もかからないですし、自分の鍛えたい部分にあったトレーニングをするだけなので、継続もしやすくなります。

一体どんな遊具を使ってトレーニングをすると効果的なのかをご紹介して行こうと思います♪

公園でトレーニングをする事は出来る?

公園で筋力トレーニングをするのは「可能」です。しかも、やり方さえしっかりしていればジム同様の効果を得る事もできます。

しかし、公園でトレーニングをする時に最も注意してほしい点をお伝えします。

それは、

・本来の公園の使い方を邪魔しないこと

です。

もちろん、公園でトレーニングをするには費用もかからず素敵ですが、本来は子供が遊ぶ場所である為その役割を邪魔してトレーニングを行う事はNGです。

ルールを守って、皆が気持ちよく使えるようにしましょうね♪

公園の器具や遊具を使ってトレーニングをする方法は?

では実際に公園の器具や遊具を使ってトレーニングをする方法をご紹介して行こうと思います。

今回は、鍛える人も多くいる

・腕

・足

・胸

・下腹部

・お尻

のトレーニング方法をご紹介していこうと思います。

もちろん、公園によって遊具や器具は異なってくるので自分の理想の身体になる為にも、アレンジして行うのもオススメですよ♪

それでは、それぞれのトレーニング方法を詳しくご紹介して行こうと思います。

公園の遊具を使ってのトレーニング:腕

まずは、腕のトレーニングです。

<使う遊具・器具>

・鉄棒
・ブランコの柵など

<鉄棒を使ったトレーニング>

※動画1:48~参照

1.肩幅に腕を直角に開き、鉄棒のバーにつかまる。体を空に向ける

2.そのまま腕の力で鉄棒に身体を引き寄せ、元に戻す動作を繰り替えす

<ブランコの柵を使ったトレーニング>

※動画6:40~参照

1.ブランコの柵につかまり、足を浮かせる

2.浮かせた状態のまま、腕の力で体を上に引き上げる

公園の遊具を使ってのトレーニング:脚

お次は脚のトレーニングです。脚のトレーニングと言っても瞬発力を鍛える方法、脚の筋肉そのものを鍛える方法と分かれています。

公園では、色々なものを使ってそのどちらのトレーニングもすることが出来ます。

<使う遊具・器具>

・ぶらさがり器具(なければベンチで代用可能)

<ぶらさがり器具(ベンチ)を使ったトレーニング>

動画0:00~参照

1.片足をぶら下がり器具(ベンチ)にかけ、もう片方の足のみでスクワットする

2.逆も同じ動作を繰り返す

※この時、膝がつま先より前に行かないようにする

【広場でのトレーニング】

※動画0:47~参照

1.足を肩幅より広く開いた地点に飛ぶように左右に動かす

2.この時腕は足と逆の手を足の前に持ってきて、大きく振る

公園の遊具を使ってのトレーニング:胸

お次は胸のトレーニングです。男性にとっては胸板が厚いと頼もしい印象を与えるので、鍛えておきたい重要部分でもありますよね。

<使う遊具・器具>

・ジャングルジムやブランコなどの柵

<ジャングルジムやブランコなどの柵を使ったトレーニング>

1.自分の身体の両サイドの棒を掴む

2.両手で棒を押し、自分の身体を持ち上げる

3.2の状態から自分の身体を浮かせたまま、上下に身体を上げ下げする

大胸筋だけではなく、上腕三頭筋も鍛えられるので一石二鳥でオススメのトレーニングでもありますよ!

公園の遊具を使ってのトレーニング:背中

お次は背中のトレーニングです。背中の公園でのトレーニングは、懸垂が一番オススメです。

<使う遊具・器具>

鉄棒・ブランコ・うんていなど

<鉄棒・ブランコ・うんていを使ったトレーニング>

1.鉄棒・ブランコ・うんていなどの棒を肩幅より広い位置で持ち、自分の身体を地面から浮かす

2.そのまま腕の力を使って、肩甲骨を引き付けるようにしながら上にあがる

この動作を10回繰り返し→休憩を3-5セット行うと効果的です。

公園の遊具を使ってのトレーニング:下腹部

最後は意外と見落としているが気にした方が良い下腹部のトレーニング方法です。

いくら胸板が厚くても、その分下腹部が出てしまっていると意味なくなってしまいますよね。

<使う遊具・器具>

うんていやぶらさがり器具など

<うんていやぶらさがり器具を使ったトレーニング>

1.両手で棒を持ち、体を浮かせる

2.腹筋と下腹部に力を入れ、足を水平の位置まで上げる

この動作を10回ほど繰り返し、休憩の流れを3-5セット行うと効果的です。

公園の遊具を使ってのトレーニングに関しての世間の声

簡単に出来る公園の遊具や器具を使ったトレーニングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。最近運動不足になっているという方も、体を動かさずにはいられないけど出来れば家ではなく外がいい、など色々な人がいると思いますが、多くある公園を使うのも1つの手です。

実際に公園トレーニングを取り入れている人の声もご紹介します。

朝一や夜の時間帯など、子供の遊んでいない時間では遊具が使用可能なので、是非家族や友達と一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか♪

同じトレーニング目的で集まっている人がいる場合には、譲り合って使うようにしましょう!