タオルの黒ずみを落とす方法はこれでok!黒ずむ理由も知って簡単な予防方法と対策も学んどこう!

今回はタオルの黒ずみを落とす方法について調査してみました!

お気に入りのタオルが、黒ずんでしまった…使いたいけど、見た目も悪いので捨てるしかないか‥そんな事ありません!

タオルの黒ずみは実は落とせる方法があるんです♪

簡単にタオルの黒ずみを落とす方法と、何故タオルに黒ずみが出来てしまうのかを理解して出来る予防方法も知っておけば、もう怖いモノなしですよ♪

タオルの黒ずみを落とす方法は?

無地のタオルほど、黒ずみは目立ってしまいます。しかし、清潔感を出す為に淡い色のタオルを使っているご家庭も多いのではないでしょうか。

タオルの黒ずみは、普通に洗濯機で洗っても落ちない事がほとんど。そんな時に有効なのは、

・つけ置き洗い

・煮洗い

です。しかし、タオルの黒ずみの原因が分からないと何度もこの方法で洗わないといけない事になります。まずは、タオルの黒ずみの理由を探ってみましょう!

タオルの黒ずみの理由は?

タオルの黒ずみの原因となっているのは、

  • 毎日の洗濯量が多い
  • ドラム式洗濯機を使っている
  • 液体洗剤を使っている
  • 硬水地域に住んでいる
  • 洗濯層のカビ掃除をしていない
  • 洗濯後にすぐに干さない
  • 部屋干ししている
  • 生乾きで取り込んでいる

このような原因が挙げられます。

汚れが溜まっている洗濯機や、洗濯物の量が多いと十分にすすぎが行われずに、汚れが落ちなくなってしまったり、洗濯機内のカビが残っているとタオルについて繁殖してしまい黒ずみの原因になる場合があります。

では実際に、このようなタオルの黒ずみを落とす方法をご紹介していこうと思います♪

タオルの黒ずみを落とす方法その1:つけ置き洗い

まずはつけ置き洗いです。基本的にどの衣類でも出来るつけ置き洗いですが、タオルの場合にも1度つけ置き洗いをすると十分に汚れを落とす事ができます。

つけ置き洗いをする場合は、粉末の酸素系漂白剤を使うとより高い効果を発揮してくれます。

<やり方>

1.通常通り洗濯する

2.固形石鹸で黒ずみ部分を落とした後、50度のお湯につけ酸素系漂白剤を溶かして1~2時間つけ置く

3.すすいで干す

以上です。水だと酸素系漂白剤のパワーを発揮する事ができないので、お湯を使うようにしてください。また、カビには効果を発揮しないのでカビが生えている物は落とせないので要注意です。

タオルの黒ずみを落とす方法その2:煮洗い

お次は煮洗いです。こちらは漂白剤と違い、カビにも効果を発揮できる方法です。

食器など同様、煮沸する事により雑菌も殺す事が出来るので、清潔度も上がり赤ちゃんの居る家庭などにも安心ですね♪

<やり方>

1.鍋にお湯を沸かし、1Lに対して小さじ2杯ほどの粉石けんを入れる

2.粉石けんが溶けた段階でタオルを入れる

3.弱火で10~20分ほど煮る

4.お湯が冷めたらすすいで、洗濯する

以上です。1度煮沸する事によりカビが落ちるので洗濯槽を汚す心配もないので安心ですよ♪

タオルの黒ずみを簡単に予防する方法は?

先ほど、タオルの黒ずみが出来てしまう理由をご紹介しましたが、その理由からタオルの黒ずみを予防する簡単な方法についてもご紹介していきます。

今回は、

・洗濯機の使い方について

・洗濯物の分け方について

の2つの観点から、黒ずみを予防する方法をご紹介していこうと思います♪

タオルの黒ずみを予防する方法:洗濯機の使い方

まずは洗濯機の使い方についてからです。

・洗濯機の清掃は月1~2回

毎日洗濯機を使う家庭も多いので、目に見えない汚れもたくさん溜まっています。市販で売られている洗濯槽クリーナーも、入れるだけで簡単に出来るので月1~2回は行うのがベストです。

もし、洗濯槽クリーナーが手に入らない場合には重曹でも対応できますよ♪

・洗剤の量をしっかり守る

洗剤のカスが残ってしまうと、汚れの繁殖の原因となってしまいます。水の量をしっかり確認し、洗剤がきちんと洗いながされるようにしましょう。

また、柔軟剤は柔らかくなりいい匂いをさせるので使う人も多いですが、柔軟剤も黒ずみの原因になってしまうので出来るだけ使わないようにするのがベストです。

タオルの黒ずみを予防する方法:洗濯物の分け方

お次は洗濯物の分け方や洗い方に関しての予防法です。

・こまめに洗濯し、色物と白い物は分けて洗う

洗面所やキッチンで使っているタオルなどは、つい何日か使ってしまいがちですが日を追うごとにもちろん汚れは溜まっていくので、落ちにくくなってしまい十分に洗濯がされない原因にもなります。

タオル類はこまめに洗濯をし、色うつりしてしまう色ものとは分けるようにしましょう。

・洗濯機に合った量の洗濯物のみ入れる

洗濯物が溜まってしまうと、1度に多くの洗濯物を回したくなりがちですが1度に多くの洗濯物を入れてしまうと、洗濯物がすべて十分に洗濯されなくなってしまうのできちんと洗えなくなってしまいます。

その為、汚れが残ったままになり黒ずみの原因になってしまうので注意が必要です。

タオルの黒ずみに関しての世間の声

様々な原因でタオルの黒ずみは発生してしまいますが、きちんと原因を知る事で予防も出来るので理由を知って清潔で綺麗なタオルを使えるように心がけるようにしましょう♪