二度寝しない方法はこれだけでOK!してしまう理由とデメリットも知って良くない習慣を断ち切ろう!

今回は二度寝しない方法について調査してみました!休みの日など、ついしてしまう二度寝。気持ちいのは十分わかりますが、二度寝をすると身体にはデメリットもあるそう。

二度寝しない方法と併せて、二度寝してしまう理由と身体へのデメリットも一緒にご紹介していこうと思います!

二度寝しない方法はある?

二度寝して気づいたらもうお昼!なんて経験はありませんか?日頃の身体の疲れを取るには睡眠はとても効果的で、しっかり寝ないと日中の生活に影響が出てしまう事になりますが、二度寝する事してしまうと仕事があった場合には遅刻して信頼を失ってしまったり約束を守れなかったりする場合もあります。

二度寝しない方法は、

・無理にでも自然光を浴びる

・耳をマッサージする

・手足をグーパーさせる

の3つが有効です。

それぞれ詳しくご紹介していこうと思います。

二度寝しない方法その1:無理にでも自然光を浴びる

まずは無理にでも自然光を浴びる事です。夜寝る時は光が邪魔で脳が興奮状態になる為に、遮光カーテンを使っている人も多いかと思いますが、朝はしっかりと日の光を浴びる事で睡眠ホルモンの分泌を止めてくれます。

更に、自然光を浴びた約15時間後には眠くなるように身体が出来ているので、夜の睡眠時間も自然と眠くなるように出来ています。

朝起きた時はまずカーテンを開け、しっかり身体に日の光を浴びさせるようにしましょう。

二度寝しない方法その2:耳をマッサージする

お次は耳をマッサージする方法です。横になったままでも出来るので、頑張って手を動かすようにしてくださいね。

耳のマッサージの方法は以下の通りです。

(1)耳を手で押さえて閉じたり、後ろに倒したりする

(2)耳を外側に広げるようにひっぱる。下、真ん中、上の3カ所を順番に

(3)耳の上と下をくっつけるように、ギュッと丸める

(4)指をチョキにして中指を耳の前、ひとさし指を耳の後ろにあてて、上下にゴシゴシとさする

耳にはたくさんのツボがあるので、脳に直接伝わりやすいと言うメリットを持っています。

脳が覚醒する事で、自然を目を覚ます事が出来るのと同時に、身体が温まってくると覚醒すると言う仕組みを持っているので、2つの方向から身体を目覚めさせる事が出来ます。

時間もかからず、すぐに出来るのでオススメの方法ですね♪

二度寝しない方法その3:手足をグーパーさせる

最後は手足をグーパーさせる方法です。時間がある時は是非試してみてほしいのですが、その名の通り手足を同時にグーパーさせるだけ。

耳のマッサージでは脳や身体が徐々に温かくなりますが、この方法は身体全体が一気に温かくなるのでより覚醒が早くなります。

仰向けに寝た状態で手足を30回ほどグーパーさせるのを続けるだけです。

寝ている時はどうしても体制が固まりがちで、血液の流れも悪くなってしまうので朝1番で手足を伸ばして全身の血液を巡らせるのはとても重要な事なんですね♪

二度寝してしまう理由は?

では、そもそも二度寝してしまう理由はどんな事があるのでしょうか?

二度寝してしまう理由は、大きく分けて

・自分に合った睡眠時間を取れていない

・寝不足

・睡眠の質の低下

が挙げられます。

二度寝してしまう理由その1:自分に合った睡眠時間を取れていない

まずは自分に合った睡眠時間が取れていない事です。

5時間睡眠でスッキリする人もいれば、7時間寝ないと満足できない人など、備わっているそもそもの容量が人によって違う為にこのような事が起こります。

その為、7時間睡眠が必要な人が5時間睡眠しかとれなかった場合にも、どんどんその不足分の睡眠が溜まっていき二度寝が習慣になってしまうのです。

寝溜めと言う言葉がありますが、寝溜めはできないようになっているのでしっかり毎日リセットされてしまいます。

二度寝してしまう理由その2:寝不足

お次は単純に寝不足になっている状態です。自分に合った睡眠と似通っている部分もありますが、生活リズムの乱れやで前日に遅く寝てしまった場合など、日光を浴びて15時間後に眠くなるサイクルを無視して行動してしまった場合に起こります。

二度寝してしまう理由その3:睡眠の質の低下

最後は睡眠の質の低下です。睡眠時無呼吸症候群や、寝具が身体に合っていない、温度や湿度で何度も目が覚めてしまうなど、色々な原因がありますがいずれも睡眠を妨げてしまう為に、しっかり深い睡眠が出来ずに身体が満足しない状態になっている為、二度寝を繰り返してしまいます。

また、寝る前のテレビやスマホなども睡眠の質を低下させる原因となりますので、注意が必要です。

二度寝してしまうと起こるデメリットは?

では最後に、二度寝をすることによるデメリットをご紹介していこうと思います。

二度寝によるデメリットには、遅刻をしてしまう他に体内時計がくるってしまい、元の生活に戻りにくくなり習慣づいてしまうと言う事です。

短い二度寝ならさほど問題はないですが、長く二度寝をしてしまうと再睡眠している事になるので、どんどん体内時計が狂っていってしまいます。

特に、休みの日に二度寝してしまうとそのサイクルで体内時計が作られてしまう為、休み明けの朝が憂鬱になってしまうのもこの為なんですね!

二度寝してしまう事に関しての世間の声

人それぞれ、二度寝しないように身体を目覚めさせる方法は違うようですね。自分に合った方法を見つけ、すっきり起きれるように頑張ってみましょう♪