【川崎市 幸区】園児に不適切な保育をしたと発表。認可保育所の名前や場所は公開されている?

2019年8月28日、川崎市が幸区にある認可保育所の保育士が園児に対して「不適切な保育」をしていたという事を発表し、話題になっています。

川崎市は28日、幸区の認可保育所の女性保育士が昨年4月から5月にかけて、園児の頭を揺さぶったり押さえつけたりする不適切な保育を行っていたことを明らかにした。引用:yahooニュース

園児の頭を揺らしたり、押さえつけていた様子が保育所の防犯カメラに映っていた事により判明したようです。

事件が起こったのは現在はそのようなことは無いという発表ですが、2018年と昨年の事ですが保育所に子供を預ける親としては不安になってしまう出来事です。

川崎市 幸区の認可保育所で園児に不適切な保育をしたと発表

事件の詳細

報告などによると、女性保育士は昨年4月から約1カ月半の間、1歳児クラスの園児をあやす際に頭を揺さぶったほか、寝かし付けの際に起き上がろうとする園児の頭を何度も押さえつけるなど4件の不適切な行為を行った。いずれの園児もけがはなかった。引用:yahooニュース

川崎市が発表した事件が起こった理由

職員の減少などで当時の保育所の運営態勢が不安定だったことが背景にあったと説明。引用:yahooニュース

認可保育所の名前や場所は公開されている?

今回の事件で、不適切な保育を行なった保育所の名前や場所は、公開されていません。

川崎市は、

  • 是正指導や監査の結果、現在は適切な保育環境が整っている。
  • 市の是正指導を受け、保育所の運営会社は同7月に新園長らを就任させた
  • 臨床心理士による児童の心理的なケアも実施した

と言う改善内容は発表していますが、不適切な保育を行なったとされる保育士の処分状況も現在報道されている情報からは読み取ません。

同保育所では、4月にも保育に食事関係で事案も発生していたようで、幸区で保育所に子供を預けている親達の中には不安に思っている人たちも多いと思われます。

市によると、同保育所では同3月の園長交代や多数の職員の異動と退職で人員が減り、指導役も不足気味のまま新年度がスタート。同4月には食物アレルギーのある園児に誤って給食を配膳して救急搬送される事案も発生していた。引用:yahooニュース

幸区 認可保育所一覧

ネット上のコメントでは、不適切な保育に対して不安視する意見もありながら、保育士の人手不足による多忙さを指摘し、保育所や保育士を責める事に対して違和感を感じると言う意見も。

ネットの反応

ネットの声
こういう場所に防犯カメラがあるのは、園児を守るのみならず、モンスターペアレントから保育士を守る為でもあるかと思いますが、見事に保育士が引っかかり園児を守ったんですね。
ネットの声
人手不足の状況で、何人もの子供を見ないといけないのって想像を絶します
正直、自分の子1人ですら、冷静でいられなくなりそうな瞬間があるのにこれを機に保育の現場の人材不足をなめないでほしいです幼保無償化云々言ってる場合じゃないってことにはやく気がついてほしい
ネットの声
子供にも手を上げる位激務で追い詰められてるなら保育士も保育所もストライキをして国や親達とトコトン戦えば良い。子供の面倒を見るのは基本親であって保育士はサポートしてあげてるだけなのだから。
ネットの声
人には分相応ってものがある教育者・保育士はそもそもそれが喜びに感じる人だけに担ってほしい仕事だと思ってる人は勘弁してください