ドラクエGO(ドラクエウォーク)共同開発でコロプラと任天堂の関係が悪化?株価上昇も裁判沙汰の過去ありで不安の声が・・

2019年6月3日、スクウェア・エニックスは、スマホ向けの新タイトル「Dragon Quest Walk(ドラゴンクエストウォーク)」を発表しました。

スクエニと共同開発しているのが「白猫プロジェクト」でも有名なコロプラ。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190603-00000338-oric-ent&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

作品発表に伴いコロプラの株価も急上昇する展開となりましたが、一方でコロプラの参加を好ましく思わない層もいるようです。

というのも、かなり以前から大手ゲーム会社「任天堂」と裁判に発展するトラブルを抱えているため。

今回のドラクエ開発においても、このトラブルが影を落とす可能性も高いのでしょうか?ネットの声を集めてみました!

任天堂とコロプラの裁判がドラクエGO(ドラクエウォーク)の開発に悪影響?

ドラクエファンの間では待望の「ドラゴンクエストウォーク」すでに「ドラクエGO」と通称がつけられていますね^^;。

ドラクエGOと呼ばれるほどに、すっかり定着した「ポケモンGO」

開発に携わっているのは任天堂ですが、この任天堂と今回ドラクエGOの共同開発に携わったコロプラの2社の関係は非常に悪く、この関係性のためにコロプラが敢えて主戦力の「ポケGO」に手を出したのではないか、とも言われています。

任天堂とコロプラの裁判は著作権侵害の訴えですでに7回ほど行われていて、現在も決着がついていないとか。

これに伴い、コロプラは度々仕様の変更も行なっており、ユーザーにも影響があった模様です。実際に任天堂との抗争の中でコロプラが開発したアプリを複数終了したという経緯も。

しかし、従順なふりをして「ポケGO」に仕様を被せてきている、ということはコロプラ、完全に喧嘩を売っています。

ということはまた裁判になる可能性も・・いや、100%裁判になりそう。

ネットの声

ネットでは、敢えてスクエニがトラブルを抱えたコロプラと共同開発することに対して疑問を持つ人が多数。

よほどのメリットがないと、提携したくないはずですが・・コロプラにはそれだけの技術や戦力があったということでしょうか?

任天堂を倒すための膨大なデータを持っていたから・・なんて理由だったら怖すぎですけどね^^;

世間の反応

ネットの声
まともなゲーム作りから逃げている
ゲームのアイデアをパクって
そこにドラクエの皮を被せるだけなんて
堕ちたものだね

ネットの声
コロプラと任天堂の全面戦争

ネットの声
ぽけごがナイアンテック管理とはいえ、任天堂系列のソフトなのに対してどらごがコロプラなのはなんというか、例の裁判思い出しちゃうんだよね…………

シークちゃん
任天堂に対してコロプラがマウントを取りたがっているのは予想がつくけど、法整備が未熟な中での位置ゲー開発自体にも問題があるよね・・ゲーム業界にも社会に影響を与えている自覚を持って欲しいな