【悲報】東京オリンピック(東京五輪)開催中 2020年のホテル(ビジホ&カプセルホテル)の宿泊料金が高騰しすぎ。ネカフェも厳しい?

2020年に開催される東京オリンピック開催中の宿泊施設の料金の高騰が話題になっています。

加えて、すでに各宿泊予約サイトでも2020年7月1日以降の宿泊予約可能数はかなり少ない状態。

予想していた事ではありますがあまりにも高騰しすぎな宿泊料金にネットは騒然としています。

詳細とネットの反応は⬇️から

東京オリンピック(東京五輪)開催中 2020年のホテルの宿泊料金が高騰しすぎ。

東京五輪期間中の東京都内のホテル料金が高騰している。開会式が行われる来年7月24日は、通常の6倍という強気の価格設定も。大会まであと1年。地方から訪れる家族連れ、ボランティアらは、寝床の確保に悩むことになりそうだ。

「一人一泊六万七千円から。返金不可」。インターネットのホテル予約サイトで来年七月二十四日を調べると、東京・新宿のビジネスホテルがこんな条件で売り出していた。引用:東京新聞

新宿、汐留のビジネスホテルが7万円弱。。

赤坂のカプセルホテルでも1万4000円と、仕方がないととは言え高すぎる料金設定は庶民では宿泊できるレベルではありません。。

まだ、2020年7月の予約は一部のホテルでしか始まっていないようですが、客室不足も不安視されており、東京五輪開催中のホテル滞在はかなり高難度な事になりそうです。

あてもなく、無計画に東京に乗り込むのは野宿覚悟に近い状況なりそうです。

可能性があるとすれば、ネットカフェ系のサービスですが、今の所どうなってしまうのかの正式な情報はありませんが、

東京五輪が開催される→外国人観光客や観戦客がホテルに泊まる→ホテル(ビジホ等)満室→カプセルホテルに流れる→カプセルホテル満室→ネカフェに流れる→ネカフェも満室

上記のような流れは当たり前に想定できそうですね。。

人が増え、交通量が増えた東京五輪が始まったくらいの都内の混沌さは想像の上をいきそうです。

ネットの反応