「毒親家庭」と「普通の家庭」で育つ人間と人生の土壌の違いがtwitterで話題に

twitter上で「毒親」に育てられた人と、普通の家庭で育った人の決定的な違いの持論を投稿したツイートが大きな話題になっています。

話題になったツイートはこちら。

・普通の親→味方→人生の土壌が安心でできる
・毒親→敵→人生の土壌が不安でできる

毒親とは

毒親は、毒になる親の略で、毒と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす親、子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。1989年にスーザン・フォワードが作った言葉である。学術用語ではない。母の場合は毒母、毒ママ、父の場合は毒父等と称されている。引用:wiki

この投稿を受け、毒親に育てられたと思われる人達から多くの共感のリプが寄せられていました。

中でも、いざとなった時に

  1. 帰る場所がない
  2. 頼れる人がいない

という状況下は「一般的な両親」に育てられた人達からしたら、想像もできていなかった眼からうろこ的な事実ではないでしょうか。

ネットの反応

« »