「BE KOBE」に登る人達のインスタ画像は?インスタ映えの弊害で修理工事へ

神戸観光の記念撮影スポットとして人気を集める「メリケンバーク」のBE KOBE モニュメントに亀裂が入ってしまい、3月13日まで工事に入る事に。

この間、記念撮影ができなくなるという自体に。。亀裂の理由はよじ登る人が後を絶たないからというもの。それではそのよじ登る人達の画像はどんな感じなのでしょうか?

世間の意見も気になります。

「BE KOBE」に登る人達の画像は?

今回話題になった「BE KOBE」に登る人達の画像はこちらです。

 

View this post on Instagram

 

あわのののさん(@patexiayn)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

moeriさん(@_aristagram__)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Hさん(@depsharu)がシェアした投稿

悪意のないちょっとした悪ふざけと、ノリだったりの目立ちたい欲求によるものなのでしょうが。。

この「BE KOBE」のモニュメントには、休日には撮影を待つ人が列を作るほどの人気のスポットで、このよじ登る光景を見ている人達の中には不快に思う人もいたはず。

また、この「BE KOBE」のモニュメントには2.4mもの高さがあり、落下すれば危険であること。

土足でよじ登る事による塗装禿げ、汚れ、痛みも懸念して、「登らないで」の立て看板も設置。

職員も巡回し、注意喚起を行っていたらしいのですが隙を見てよじ登る人が絶えなかったようです。

今後のよじ登りの対策は、まだ未定であるようですがあまりにもひどい状況が続くようなら、

  • 囲いを作って触れられないようにする。
  • 目立つ位置に立て看板をつくる。
  • 撤去

まで、色々な残念な結果になってしまう可能性は今後出てきそうです。

観光スポットとして人気を博し、多くの人達に親しまれているモニュメントが、一部の人達の悪気のない行動により残念な結果になってしまうのは本当に悲しい事。

過去にはディズニーランドの乗る事を禁止されているトゥーンタウンの木箱に座る人達も話題になりました。

こういった一部の人間の悪気のない迷惑行為は、昔からあったものでもありますが、インスタ映えという名目で世間に拡散され、それがオシャレで正しいものと勘違いされてしまうのは避けたいものです。

BE KOBEのよじ登りに対する世間の反応