【ちょうどこの高さ。】津波の高さを表したYAHOOのビル広告がTwitterで話題(3月11日東日本大震災)

Twitter上で3月11日東日本大震災時の岩手県大船渡市で観測された津波の高さを表したYAHOOのビル広告についての投稿がTwitterで話題になっています。

広告文全文

平成23年3月11日。8年という時間が流れても、この日は、わたしたちにとってあまりに特別な意味を持ち続けている。東日本大震災の記憶。悲しみだけで終わらせてはいけない。経験を学びに変えて備えなければいけない。当時、岩手県大船渡市で観測された津波は最高16.7m。もしここ渋谷に来ていたら、ちょうどこの高さ。平成は終わるけど、時代は次へと進むけど、あの日のことは忘れないで。ヤフーはそう思います。

この広告についての概要はこちら。

銀座ソニービルに、2011年3月11日の東日本大震災で岩手県大船渡市で観測された最大津波16.7mがわかる広告を掲出。地上から16.7mのところに線を引き、「想像してもらう」ことを目的として実施。 被災者の心情に配慮するという大前提を考慮しつつ、ヤフーとしての企業姿勢、防災への想いを真摯に伝えるために、過度な演出はせず、メッセージを中心に据えた、読む広告として表現した。 その為、通行者の方々から読みやすいよう、文字の大きさや行間を調整した。引用:gooddesignaward

この広告は2019年には渋谷にも

銀座に掲出されたのは2017年。

2019年には渋谷にも掲出されました。