新一万円札のデザインの評判は?偽造防止技術が世界初

日本銀行が公式アカウントで新一万円札の画像をツイートし話題になっています。

新一万円札は「3Dホログラム」による世界初の偽造防止技術が使われているようで、傾けると3Dで実業家の渋沢栄一の肖像が浮かび上がるという未来的な作りになっています。

裏の図柄は東京駅(丸の内駅舎)。

額面数字が大きくなるなど、指の感触でお札の種類がわかるよう工夫されているようで年齢や障害の有無に関係なく、誰でも使いやすい「ユニバーサルデザイン」になっているそうです。

目次

ネットの反応

いつもシェアありがとうございます!
目次
閉じる