森葉子アナがセクハラ被害者だったと新潮が実名報道。セクハラプロデューサー桐永洋ってどんな人?

2019年9月5日、テレビ朝日の「報ステ」こと報道ステーションのチーフプロデューサがセクハラにより懲戒処分を受けていた事が明らかになった後、文春がそのセクハラ被害者の一人の女子アナを実名報道した事が大きな話題になっています。

セクハラ事件が起きたのは5月4日未明のこと。加害者は「報道ステーション」の桐永洋チーフプロデューサー(49)。被害にあったのは同番組のフィールドリポーターを務める森葉子アナウンサー(33)である。

引用:文春オンライン

実名で報道された被害者の女子アナは森葉子アナ。

詳細は⬇️から

セクハラで解任されたとされる桐永洋ってどんな人?

今回、文春の報道により女子アナにセクハラをしたとされているプロデューサーは桐永洋チーフプロデューサー。

  • 最終学歴:早稲田大学 社会科学部
  • 1970年産まれ(49歳)
  • 既婚(子供あり)

経歴

      • 1993年テレビ朝日入社
      • 「ニュースステーション」ディレクター等を歴任
      • 「グッド!モーニング」プロデューサー
  • 2018年7月「報ステ」のCP(チーフプロデューサー)に就任
  • 2019年8月30日セクハラで謹慎処分

セクハラ事件の詳細

報道によれば、森葉子アナのセクハラ被害は

昨年夏にCPに就任した男性社員は今年5月、森アナと食事をした後、強引に自宅まで押しかけると抱き付き、キスをしたという。文春によると、男性社員は同社の調査に、キスは認めたが、「抱き付いたのは向こうから」などと釈明したという。引用:zakzak

また、それ以外にも10人以上の女子アナに対してのセクハラもあったという報道がされています。

番組トップの権限を悪用したA氏が、計10人以上の女子アナや女性スタッフに対し「体を触るわ、キスするわ、送った女性の自宅に無理やり入り込もうとしたりしていた」(同局関係者)という悪質なセクハラをしていたことを報じていた。引用:東スポ

テレビ朝日は、報道陣の取材に対し下記のようなコメント。事実を認めているようです。

「事案の性格上、詳細について回答は控えさせていただきますが(略)ハラスメントにあたる不適切な行為が明らかになったため、8月30日に当該社員を懲戒処分とし、あわせてその職務を解くことにしました。社員がこのような事態を起こしたことを大変重く受け止め、今後は再発防止をより一層徹底してまいります

引用:文春オンライン

森葉子アナについて

  • 生年月日: 1986年4月26日 (年齢 33歳)
  • 生まれ: 千葉県
  • 出演経歴: はい!テレビ朝日です; やじうまテレビ! ほか
  • 出演中: 金曜★ロンドンハーツ; ナニコレ珍百景; サンデーLIVE!!
  • 血液型: O型

ネットの反応

ネットの声
彼女が抵抗しなかったとはいえやってることは全てアウト
独身だったらもしかしたら本気で好きで相手も断らないし脈ありと感違いした可能性もあるけど
既婚者なら全てがアウトですねお疲れ様でした
ネットの声
さすがは他人に厳しく自分に甘い朝日という感じがする。これで財務省のセクハラ報道とかでよく上から目線で説教調の報道ができたもんですね。
ネットの声
出る所に出れば強制わいせつ罪じゃん。それが3日の謹慎処分は軽すぎる。ただでさえテレビ朝日はセクハラ事件をもみ消そうとした前科があるんだから、自分のところの綱紀粛正だけじゃなくって、業界全体のセクハラを軽く見る風潮を直すためにも、厳罰を処すべきだと思うけど。

最新の話題