ザギトワの復帰の可能性は?最近の不調の理由は怪我ではなく思春期による体型(身長と体重)の変化によるものとの声も。

フィギュアスケートでロシアの有名選手である、ザギトワさんが活動休止を発表し、大きな話題になっています。

ザギトワ選手といえば、今まで輝かしい成績を残してきたトップアスリート。

しかし、先日の2019年GPファイナルではフリーで失速し、6人中最下位に終わってしまいました。

メディアでは、実質的な引退である。という受け止められ方をしていますが、復帰の可能性はあるのでしょうか?

ザギトワの復帰の可能性は?

ザギトワ選手は、活動休止にあたってインタビューでこのように話しています。

「私はどこにも行かないが、今後の国内選手権、欧州選手権、世界選手権には参加しない。自分を探し、新しいジャンプに挑戦する。それはとてもいいことだと思う」

「練習が朝6時から夜9時に及ぶこともあった。こうした生活に疲れた」と述べるとともに、「ロシアのスケート界は若年化が進んでいる」とし、若手の台頭が今回の決断の背景にあることも示唆した。

引用:産経新聞

ザギトワ選手は活動停止の理由について「私は人生に求めるすべてを手に入れたが、人生とは常に何か満たされないものがあるべきだ。何かを手に入れたいと再び思えるよう、スタート地点に戻りたい」と述べました。そのうえで、はアイスショーなどに専念する考えを示しました。

引用:NHK

今回「事実上の引退」と噂されている理由には、ロシアの国営通信社に対しフィギュアスケート界の重鎮のタチアナ・タラソワさんが同時期に発言した内容にもあります。

「彼女はこれまで築き上げた実績によって多くの人に愛される存在となり、みな、その幸せを願っている。彼女は帰ってこないと思う引用:NHK

タチアナ・タラソワさん

タチアナ・タラソワさんといえば、フィギュアスケート界では知らない人はいない数々のスケーターを五輪金メダリストや世界チャンピオンに導いた「金メダルメーカー」という異名を持つ重鎮。

そのタチアナさんが軽はずみな発言をするわけはなく、引退というは現実的なものにあり、現役復帰は現在の状況では絶望的なものなのかもしれません。

ザギトワさんの17歳という年齢からしても現在の休養発言は一時的な気の迷いからで、立ち直ってくれる可能性も考えたい所ですが、

休養後に復帰を願ったとしてもアスリートの世界は公式大会に向けて日夜モチベーションを高めているライバルとまた肩を並べるのは厳しい世界。そういった意味合いも込めてタチアナさんの「帰ってこないと思う」発言であるのかもしれません。

ただ「アイスショー」への出場はザギトワさん自身、明言している事であり競技選手としてのザギトワさんは帰ってこないというだけで、アイスショーという形で今後ザギトワさんの演技をみる事ができる事はできそうです。

ザギトワさんは、12月下旬のアイスショーへの出演も明言しているようです。

ザギトワは今回の決断はチーム内での対立ではないことを強調。今後もエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとで練習は続けるとし「練習は続けます。自分自身を探しながら、新しい要素を学びたい。ジャンプの新しいアプローチも学べれば」と、話した。今月下旬にはアイスショーにも出演する。引用:デイリー

最近の不調の理由は怪我ではなく思春期による身長と体重の変化?

ザギトワさんは今まで輝かしい戦績を残していましたが、先日の2019年GPファイナルではフリーで失速し、6人中最下位に終わってしまいました。

その不調の理由は、思春期による体型の変化にあるのではないかと言われています。

ザギトワの身長が、平昌オリンピックから3センチ伸びたことを明かしてくれたのは、ロシアのベテラン・スポーツジャーナリストだった。ザギトワ自身、ロシアのプレスに答えて、「このところ体が成長して調整に苦労している」と告白している。どうやら世界選手権での不調は、単にオリンピック疲れというわけではなさそうだ。引用:number web

「テレビの映像は実際とは異なった印象を与えることがあります」と断った上で「しかし、アリーナは太っているようには見えません、女性らしく見えます。そう、彼女はもう女性なのです。戦うのが大変です。平昌五輪では彼女は少女でした。そして今、成長が始まった。これは誰にでも起こることで、体重が増えますし、残りのスケーターにも同じことが言えます」と分析した。引用:THE ANSWER

そしてザギトワさんの精神的な問題についても

「加えて、ザギトワは今、考え方や精神面が全く違ったものになっています」と指摘。「彼女は何のために滑っているのかを分かる必要があります。なぜなら、他のスケーターはすべての力を振り絞って戦おうとするでしょうが、彼女はもうすべて勝ってしまいすべてを達成してしまった」引用:THE ANSWER

別の報道ではザギトワさんが、1年半前から休養を希望していたという、エテリ・トゥトベリーゼコーチの発言についても触れられています。

エテリ・トゥトベリーゼコーチの談話も報じられ、同コーチは、1年半前からザギトワが休養を希望していたことを明かしていた。同コーチは「この決定は偶然ではない。アリーナは1年半前からこの意思を示していた」とし、「この1年半、彼女が世界最高のアスリートの称号を巡って競い続けることは困難だった」と、愛弟子の葛藤の日々を振り返った。引用:デイリー


ネットの反応

同じアスリートしては日本では水泳の荻野選手が、4ヶ月の休業の後、見事な復帰を果たしています。水泳とフィギュアスケートは違うのかもしれませんがザギトワさんの復帰を期待したい所です。

【朗報】萩野公介が復帰で東京五輪へ出場の可能性!「辞めるのは今じゃないな」に励ましの声多数

2019年6月7日