【動画あり】宮迫とロンブー亮が謝罪・記者会見!吉本興業を通さない『闇会見』は吉本社長のパワハラを暴露の会見に。。

2019年7月20日、大規模詐欺グループの会合に闇営業で出演し、吉本興業から謹慎処分・契約解消された宮迫博之(「雨上がり決死隊」19日に契約解消)との田村亮(「ロンドンブーツ1号2号」謹慎中)が同日15時より、より謝罪会見を開くことが明らかになり、話題になっています。

謝罪会見を巡っては疑問視される点もいくつかあり、19日に吉本興業の主催で予定されていた謝罪会見をドタキャンした上で翌日の20日に「吉本を通さず」「田村亮と2人で」謝罪会見を開くことなどから、ネットでは「闇会見」と呼ばれることに。これまでの行動の理由が注目されます。

宮迫博之と田村亮の謝罪会見のコメント全文は?吉本興業を通さない・ドタキャンの理由について、情報をまとめていきます。

宮迫博之と田村亮の謝罪会見が闇会見の暴露会見に

宮迫博之と田村亮の謝罪会見は本日15時より開催。

会見動画(ライブ配信)はこちら。



会見の内容・コメントについては全文がまとまり次第追記していきます。

【動画あり】岡本社長(吉本興業)が記者会見。社長の辞任はしない。宮迫・ロンブー亮の契約解除撤回も要領の得ない回答の数々にネットでは不満の声多数。

2019年7月22日

謝罪コメント

宮迫:「詐欺に遭われた方、ご家族の方、親族の方、とんでもない辛い思いをさせてしまっていること、不快な思いをさせてしまったことに対し申し訳ありません。本当に申し訳ありませんでした。世間の皆様、我々を応援してくださっている方々、迷惑をかけてしまっている関係者の方々、不快な思いをさせてしまっている全ての方々、本当に申し訳ありませんでした。」

亮:「虚偽の説明をしてしまい、その行動言動について不快な思いをさせてしまった方、ご迷惑をおかけしてしまった方々、本当に申し訳ございません。」

宮迫:「今回大変な騒動になって・・僕の軽率な嘘から始まっています。そのせいで後輩たちも巻き込んでしまいました。今回の騒動の全責任、全ての責任は自分。」

金銭の授受について

宮迫談

フライデー直撃時はカラテカ入江に対し(お金を)もらっても、お車代くらいだろうと。自分はギャラをもらっていないんじゃないでいいんじゃないかと。他のメンバーももらってないと言えばいいと指示を出した。その直後(入江が)解雇されたが、その時点でもまだ事の重大さに気づいていなかった。

まだその時には詐欺の被害者がいたことに気づけていなかった。

フライデーを読んで、自分の想像をはるかに超えて世間が反応していたことに気づいた。

亮からも「お金のことを言いましょうと」言われたがそれでも事の重大さがわからず。

受け取った金額

宮迫:100万

亮:50万

Q.隠していた理由は

「今更ひっくり返せない」どれだけの迷惑をかけてしまうか怖くてたまらなかった。ずっと会社と話しあい、静観で行こうと決めた。それで納得してしまった。

24日に会社が発表

会社発表の前、フライデー直後から日に日に世間が厳しく反応し、報道されている事を目にして、情けなく申し訳なく自分のことが許せなくなり何度か吉本社員に「大丈夫か、会見を開いていったほうがいいのではないか」と 聞いた。

社員は「いえ、会社としては静観です」と言われた。

24日に全員呼ばれ、自分がを謹慎になるのは当然だと思った。だが後輩と自分の罪の重さは全く違うと思った。

(亮が)「全部自分たちで謝罪会見をして正直に全て話したい」と声を上げてくれたが、事務所は「ダメです」と言った。

吉本社長のパワハラ発言

(田村亮)「事務所をやめてでも宮迫と会見したい」と伝えると岡本社長が宮迫ら5人を残して芸人を退室させ、

岡本社長「お前らテープ回してないやろな」

「亮、お前やめてもええよ」「一人で会見してもいい」

「その代わり全員クビにするからな」「俺には全員クビにする力があるんだ」

全員何も言えなくなった。それが24日。

パワハラ発言から記者会見に至るまでの宮迫の話

「それ以降、後輩たちは本当に辛い思いをしたと思います。そうした姿を見ていて、ダメだと。引退してでも記者会見をさせてくれと何度も連絡しました。それで77日、僕のマンションまで吉本興業の一人が来ました。」

「話をしましょう、引退しないで」という話。

78日、そこで初めて「僕が全責任を負い、引退するんで引退会見でもいいので謝罪させてくれ」と岡本社長に嘆願した。

吉本「引退させるわけにはいかない。でもわかった、会見させてやる、決定するいつになるかは明言できない。会見をするのはこっちに権限がある。」

1日でも早く会見したかったのに「会見の期限はこっちで決める」一点張り。

謹慎期間を短くするのは了承してもらえた。その後亮くんと話して、

「おそらくあの感じから引き伸ばされてうやむやにされるのではないか、会見させてもらえないのではないか」

という不信感がぬぐいきれなかったので、自分たちに弁護士をつけることにした。

そして、弁護士を通じて会話することにし、会見までの期間もなんとなく「近日中に」という方向に向かっていた。

なんとなくうまく進み始め、それで安堵していた。


2日前、僕たちの弁護士さんのところへ書面で

「僕と亮くん2人の引退会見、もしくは契約解除、どちらかを選んでください」という内容が送られてきた。

意味がわからず、どうしていいかわからなくなった。

社長と話したかったが弁護士がいるとできないから、一度弁護士を解除した。

しかし実際には社長に会えず、会社の弁護士がいただけだった。


宮迫「僕一人の引退会見、僕が全責任を背負ってやりますのでやらせてください」

会社弁護士「では明日の12時」

会社弁護士2時間後からここで引退会見してください」「引退会見するならね」

あっけにとられ部屋を出た後、会社を出て亮と話し、会社主導の引退会見も叶わずそうであるならば会社を辞めて自分たちでしよう。

という判断になり、今回の個人的な記者会見に至った。

質疑応答

Q 今の宮迫さんの思いは?

僕が引退するというのはあってしかるべきというのは自分自身で思っているのでなんの文句もありません。

Qでも引退はしないと?

僕は18の時からこの世界でやってきた、僕にはこの世界しかない。

僕にもお役に立てることがあればやっていきたいと思っている。いまは引退ということは考えらえません。

Q反社との繋がりは?

中学の同級生と集まりました。トイレの後に同級生と写真を撮ろうということになり、写真を撮った、それがフライデーに載った。

当時の店の店長さんが「僕が証言してもいい」といってくれている(従って繋がりはない)

Q吉本の「契約に関する重大な支障が出た」というのは?

上記のようなことです。でも社長に会って話すことはできなかった。

フライデーに載った内容(写真)については事実無根であることは吉本の弁護士には話している。

Q反社との繋がりはないということ?

ないです。

Q宮迫さんは100万円を度々もらっている?

自分の金銭感覚の認識が間違っているのだと思いますが、そういう後輩を集めて忘年会であったり、自分主導で行う催しが好きなものでして、それ相応の金額を財布に入れていて、正直入江くんに「お釣りをもらった」というのも泥酔していて本当にわからないです。

Q会社からの「引退するのもダメ、会見するのもダメ、というのは」

会見の成功なんてものはないのだと、全部失敗だとあなた方はそれをわかっていっているのか、傷口を広げるだけですよと

引退については「こんなことで引退をさせられない、という認識です。」

亮「会社にどうしても言いたくて、弁護士さんが止めてる理由が全く理解できなかった」

会社の弁護士は「我々が弁護士をつけていることを会社の上層部は悲しんでいる、ファミリーじゃないか」と言われた。

子供が正しいことをやろうとしていることを止めることは親ではない、と不信感しかなかった。本当のことを言うのがどんんどん遅れて、他の先輩方がコメントしなければいけないのが辛かった。弁護士を立てたことが正しかった。じゃないと動いてくれなかった。

ただ、引退を止めると言うのは会社がどんなことを思っているのかわからなかったが、今回、手作りの、会見ではありますが、こうして伝えさせていただきました。

Q亮さんの契約は?

個人的には契約解除をさせていただきたいと思っています。

Q嘘をついた理由は?

宮迫:保身です。

初めは軽い気持ち。その後、保身。

しかしその先で傷ついている人がいた。本当に最低です。

Qそうしたイベントにはどう言った感じで参加するのですか?

結婚式のイベントに呼ばれ、謝礼がが50万、100

僕のイベントのスポンサーについてくれている人なんでそこは安心です、と聞いてじゃあ大丈夫かと、

パーティーの内容については、正確に言うと僕たちは最後の10分や15分だけだったので入江くんしかよくわかっていない。

Qこうしたイベント参加で謝礼をもらうことはある?

芸能人の誕生日パーティー、事務所あげてのサプライズでお笑いコーナーの仕切り。

そのコーナーの仕切りをして帰るときに事務所の副社長さんからお車代ですと、断れず受け取ったことはある。

まとめツイート

ネットの反応