ワイヤレス(無線)でテレビの地上波番組を見る方法のおすすめはこれだけ!パソコンでも視聴可能!(XIT-AIR100W)

テレビの線が届かない場所でも地上波番組を垂れ流しで見たい!

でもワンセグとかはちょっと違う。オンデマンドでは垂れ流しで見る事はできない。ひかりTVはめんどくさいしよくわからない。

そんな問題を解決する商品がありました。

それはピクセラの「XIT-AIR100W」

具体的な説明などは⬇️から

XIT-AIR100Wについて

XIT-AIR100Wとは簡単に言えば、無線で様々な端末でテレビ番組を見る事ができるもの。

テレビコンセントがない自室でもベッドの上でも外出先でもどこでもTVで番組を見る感覚で視聴が可能です。

XIT-AIR100W自体がTV信号を無線ルーターで送信する仕組みなので、宅内視聴する場合にはインターネット回線すら必要ありません。

テレビ信号→XIT-AIR100W→無線ルーター→各種端末で視聴のイメージです。

シークちゃん
無線ルーターがある時点でインターネット環境があるんでしょうけど。。

対応端末

専用アプリ 「Xit Wireless」を端末内に入れれば、タブレット・PC・スマホとほとんどの端末で視聴する事ができます。

  1. iPhone
  2. iPad
  3. Windows
  4. Android
  5. Kindle Fire
  6. Xbox One
  7. Apple TV
  8. Mac

録画もできる(外出先でも視聴できる)

XIT-AIR100Wにどこでも売っているような市販の外付けHDD(ハードディスク)をつなげれば、専用アプリから番組の録画も視聴も可能になります。

※下記2つの方法での録画はできません。

  1. パソコンに内蔵されているハードディスクへの録画
  2. USBハブで複数のハードディスクを接続しての録画

もちろん、録画中でも再生は可能です。

接続方法も簡単

付属品はこれだけ。

あとは、

  1. 付属のB-CASカードを本体に挿入。
  2. 無線ルーターと本体を付属のLANケーブルでつなぐ。
  3. アンテナ線をつなぐ。
  4. 録画するならHDDを本体に繋ぐ。
  5. 電源を入れる。
  6. 視聴したい端末に専用アプリを入れ設定。

これだけ視聴と録画がいつでもできるようになります。

参照:取り扱い説明書

テレビとの同時接続も可能で、その場合は分配器とアンテナ線を購入すればOKです。

XIT-AIR100Wのデメリット

ただ、もちろんデメリットもありました。

4G回線とかだと画像が安定しないし通信量が。。

画質は自宅内では安定した高画質再生が可能(ネットワーク環境による)なのですが外出先で4G回線つなぐと不安定に。(画質を設定で下げれば改善)

また、通信量が多いので、スマホをwifiにつながず、4Gなどで視聴するとすぐに制限にかかってしまう恐れがあります。

複数の機器での同時利用ができない。

子供がスマホ、自分がタブレットで同時にみようとするる時は不便ですね。

外部機器での音声出力ができない。

地上波はコンテンツ保護がされているため(ダビング制限とかのやつ)USB-DAC等、外部機器を経由しての再生はできません。。PCの場合、内蔵スピーカーからの出力のみとなってしまいます。

やはりテレビより少し画質は落ちる。

多少ではありますが自宅内でもコマ落ちや遅延等、不安定さはあります。。

ただサブ的な位置づけなら便利さを考えればそこまで気になるものではありません。

時々だけど接続エラー等の不安定さも

無線での視聴なのでどうしても接続エラー的なものは起こりえます。そのまま待っていても再接続はされないので、その際にはアプリを再起動する一手間が。

総括

やはり色々とデメリットはありますが、個人的な印象ではテレビ番組を無線で視聴するという事に特化すれば正に「これがほしかった」という機器である事は間違いないです。

唯一、これがあればなぁ〜と思う所は 家族での複数端末での同時視聴ができない所でしょうか。

もし同時視聴が可能になれば、子供部屋や各部屋のTVが全く必要に無くなり、省スペースで経済的ですよね。。

使用レビューしてる人達の関連動画

今回説明したXIT-AIR100Wの型落ち機種PIX-BR310Wの動画ですが、仕様はほぼ同じです。