チュートリアル徳井の脱税の方法や手口は?活動休止は免れない?レギュラー番組は降板・打ち切りか?

約1億1800万円という巨額の申告漏れをしていたとして、大きな話題になっているお笑い芸人コンビチュートリアルの徳井さん。

毎日と言ってもいいくらいテレビで姿を見る高感度の高い人気芸能人だけに驚いた事件となりました。

脱税の方法や手口は一体どんなものだったのでしょうか?

チュートリアル徳井の脱税の方法や手口は?

今回、チュートリアルの徳井さんが脱税したと報道されているのは、

  1. 2009年に設立した自身の会社が16年から18年までの3年間にわたり無申告だった
  2. 所属する吉本興業から支払われる出演料などを自身が設立した個人会社「株式会社チューリップ」を通して受け取っていた
  3. 洋服代など私的な支出を経費として計上
  4. 2000万円の「所得隠し」

徳井さんは、会見で申告漏れの大きな理由として「原因は私のだらしなさ、ルーズさ、甘さ、怠慢」と、自分の「想像を絶するだらしなさ」

をメインに謝罪をしていましたが、節税方法については過去からラジオやテレビ番組等でも話していた事もあるらしく、

あたかも自分の無頓着な甘さが原因のように語った徳井だが、実は5年前にラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(KBS京都)の中で、ある“抜け道”について語っていた。番組内で『40歳ぐらいには移住したい』と具体的な移住先としてハワイ、オーストラリア、シンガポール、ドバイなどを候補に挙げながら「『ドバイに関していうと、税金というものが一切ないのよ。所得税、法人税、消費税、何にもいらんのよ』とタックスヘイブンを強調していました。この放送が14年の8月ですから、あるいはこの時点ですでに無申告を指摘されていた可能性が高いですね」引用:areadot

節税や税金について無知では無い事がわかります。

これについてはネットでも大きな批判が出ています。

ネットの声
「想像を絶するルーズさ」などという言い訳は完全な虚偽で、自らの性格に起因するうっかりミスのように説明しているのは、世間を欺き少しでも自分の立場を守ろうとする姑息な言い訳であろう。
ネットの声
税理士事務所に勤務してる者としてひとこと。だらしなかったと言ってますが、言動から読み取れるのは、だらしないというより、ずる賢い人だと思います。
ネットの声
はっきりと脱税であり、ルーズで済まされる問題ではない。このままテレビに出続けることは許されないだろう。

チュートリアル徳井の活動休止は免れない?レギュラー番組は降板・打ち切りか?

徳井さんは10本以上のレギュラー番組とCMを持っており、朝ドラの「いだてん」にも登場する予定でした。

現在は活動休止など、今後の予定については公式に発表はされていませんが、ネット上では事実的な活動休止は免れない「番組も打ち切りor降板」するのではないのではないかという声が出ています。

2012年に坂東英二さんが7500万円の脱税により話題になった時は、当時レギュラー出演していた全番組が降板・打ち切りとなった事例もあります。

法的には犯罪ではなかった宮迫さんの闇営業での活動休止などを考えても、徳井さんの今回の事件は法的な違法行為。

2012年に比べ2019年現在の世間の目は厳しくもなっている事を考えても当時の状況で全て降板打ち切りとなってしまった坂東英二さん以上の人気を現在誇って影響力の高い徳井さんの芸能界復帰や番組の継続は難しくなるのかもしれません。

ネットの声