【千葉県印西市】貯水槽の遺棄事件の犯人の顔画像などの詳細は?被害者との関係性や動機についてもまだ不明

2020年に発覚した、千葉県印西市の防火貯水槽に死体が息されていた事件で犯人と思われる容疑者が逮捕されたという事が話題になっています。

千葉県印西市の防火貯水槽内で昨年10月、左足首が切断された会社員、宮内孝介さん(46)=成田市=の遺体が見つかった事件で、県警は8日、死体遺棄の疑いで住所不定、自称無職、中上忠寿容疑者(49)ら男女5人を逮捕したと発表した。引用:千葉日報

報道によると現在わかっている犯人の情報は

  1. 住所:不定
  2. 職業:無職
  3. 名前:中上忠寿容疑者
  4. 年齢:49歳

また、今回の逮捕者は男女5人という事です。。

5人の内の一部が被害者と知り合いだったという事ですが、どのような関係性であったのか、動機などの情報も逮捕から時間が経っていないためまだ出ていません。

現場周辺地図

JR成田線小林駅から南西約1キロにある住宅などが点在する地域

2020年事件発覚当時の記事抜粋

28日午前11時5分ごろ、千葉県印西市小林の防火貯水槽内で、中年男性の遺体が見つかった。

県警によると、27日午前に「男性がトラブルに巻き込まれた」と通報があり、捜索していた県警の捜査員が遺体を見つけた。

現場はJR成田線小林駅から南西約1キロにある住宅などが点在する地域。引用:千葉日報

ネットの反応

ネットの声
これから見苦しい責任のなすりつけ合いが始まるのだろうな。
こんな恐ろしい事をして、普通に生きていけると思ったら大間違いなのに。

ネットの声
何があったのかはわからないが。仮にその何かがあったとしても殺さなければならない事って何だろう。当事者にしかわからない事もあるだろうしその事を早く解明してほしい。とにかく、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
ネットの声
被害者と男女5人の一部が知人だということだが、どういうことなのか。
死体遺棄による殺人事件なので何が原因だったのだろうか。
それにしても余りにも残忍すぎて言葉もない。
« »