津端ありさのプロフや試合の動画は?東京五輪の開会式でランニングマシーンで走ってた女子ボクサー(看護師)が可愛いと話題

2021年7月23日に開催された東京オリンピックの開会式。

そんな開会式の冒頭に出演した、女子ボクサーの津端ありささんが話題になっています。

津端ありささんは、開会式冒頭のダンス演出で、ランニングマシーンで走るアスリートと言った役柄で登場されていました。

そんな津端ありささんはどんな人なのでしょうか?まとめてみました。

目次

津端ありささんはどんな人?

  • 名前:津端ありさ(つばた・ありさ)
  • 生年月日 1993年6月9日(28歳)
  • 出身:埼玉
  • 職業:看護師(心療内科)/ボクサー
  • 身長:171cm
  • 階級 ミドル級
  • 2019年全日本女子選手権 優勝

津端ありささんは、心療内科に勤務する看護師であると同時に、五輪出場を目指すボクサー。

東京大会出場を目指して練習に励んできたが、公衆衛生上の懸念から世界最終予選が中止され、夢を閉ざされてしまいました。

  • 専門学校を卒業後に看護師として勤務
  • ボクシングを始めたきっかけはダイエット
  • ボクシング歴は約3年くらい

津端ありさ試合動画

いつもシェアありがとうございます!
目次
閉じる