【千葉 流山市】常盤松中学校で不審者の女の逃走経路や特徴は?教師を切りつける通り魔的犯行後逃走中。

2020年1月14日、千葉県の常盤松中学校で不審者の女に同中学校の教師が刃物で切りつけられる事件が発生、話題になっています。

4日朝、千葉県流山市東初石3の市立常盤松中学校に女が侵入し、20代の男性教諭に刃物のようなものを振りかざして逃走した。引用:毎日新聞

幸いにも切りつけられた教師に怪我はなかったようですが、犯人の女は現在も逃走中。

周辺住民にも緊張が走ります。

【千葉 流山市】常盤松中学校で不審者の女の逃走経路や特徴は?

不審者の女の逃走経路は?

現在の段階では、報道では「逃走した」というだけで具体的な逃走方向などの情報は出ていません。

ただ事件が発生したのは2020年1月14日の午前6時45分と直近の事。

現在の所、まだ逮捕されず逃走している事を考えれば、周辺に潜んでいる可能性も大いにあり警戒が必要です。

事件が起きた、常盤松中学校では集団下校を行う等の対策をする予定のようです。

同校は各担任を通じて生徒に事件を説明し、部活動を休止し集団下校を行う予定。引用:毎日新聞

不審者の女の特徴は?

報道によると、不審者の女の特徴は下記のような形。

  1. 年齢20代くらい
  2. 身長150~160センチ
  3. 黒のジャケット
  4. 青のズボン
  5. 黒のリュックサック

事件の詳細

発生現場:千葉県流山市東初石3の市立常盤松中学校

  • 事件発生日:2020年1月14日 午前 6時45分
  • 被害者の教師が科学室で授業の準備中、外階段の踊り場に女がうずくまっているのを発見。
  • 声をかけた所、刃物で切りつけてきた。
  • 教師が近くにあった鏡を投げると逃走。

現在も県警流山署は暴行と建造物侵入の容疑で女の行方を追っている最中です。