前澤社長の新会社「小さな一歩」のホームページ(HP)の場所は?事業内容や費用についても

ZOZOTOWNの元社長で有名な前澤友作さんが新会社を立ち上げた事を発表し話題になっています。

新会社の名前は「小さな一歩」

その新会社が手掛ける第一弾サービスのテーマは「養育費」

養育費を適切に受け取れていないシングルマザー(ファザー)の人のために「養育費あんしん受取りサービス」なるものを展開していくようです。

その新会社のHPはこちら⬇︎です。

「小さな一歩」

会社情報のページに取締役CROとして前澤さんの名前があります。

「小さな一歩」を設立した理由は?

前澤さんは自身のyoutubeチャンネルで新会社「小さな一歩」の第一弾サービスのテーマを「養育費」にした経緯を話してくれています。

前澤さんの動画内の話によると、

・養育費を受け取れている人は全体の25%しかいない
・日本の子供の貧困問題を調べてみると母子家庭や父子家庭の貧困率が高い。
・この原因は養育費の未払い率にあるのではないか
・日本のひとり親家庭の貧困率や養育費の未払い率は諸外国と比べても圧倒的に高い。

それらの根深い問題を、新会社である「小さな一歩」を通して解消できないかという気持ちで立ち上げたと話してくれています。

また動画では元パートナーとの関係性を崩すような無理な取り立てはしないとも話してくれています。

⬇︎事業内容の詳細Q&Aは会社HPから確認する事ができます。⬇︎

「小さな一歩」

費用は?

費用についてはサービス利用開始時の初期費用は0円。

養育費の支払いがされるようになった際には、継続的に支払いを約束する対価として以下の手数料がかかるとの事です。

・毎月払いの場合:毎月の支払いから15%/月
・一括払いの場合:年額養育費の25%

本サービスのご利用を開始するにあたって、持ち出しの費用は一切かかりません。初期費用0円でサービスの利用を開始できます。ただし、養育費を元パートナーに代わってあなたに継続的にお支払いすることを保証する対価として、一定の手数料を頂いております。毎月払いの場合は月額養育費の15%、一括払いの場合は年額養育費の25%となります。それぞれの手数料は、養育費をお支払いする際に、その中から相殺する形で頂きます。引用:小さな一歩

手数料については扱う問題がデリケートなだけに賛否両論の声がありますが、元々0円で泣き寝入りするしかなかったものが毎月払いの単純計算で30,000円/月として手数料4500円/月。(受取額25,500円)

これだけの金額が委託する事により安心して受け取れると考えれば、それぞれの家庭の事情の根の深さよるとは思いますが片親家庭の貧困問題の大きな助けになるサービスになりそうです。

ネットの反応