【停電する地域はどこ?】東京電力の電力不足により関東地方で停電の可能性

この記事は約5分で読めます。

2022年3月21日、経済産業省と東京電力が、電力の需給が非常に厳しくなるとして、節電を呼びかけたことが話題になっています。

電力不足の理由は?

電力不足は下記のような理由により。

  • 3月16日の福島県沖地震での複数の火力発電が停止
  • 22日、低気圧と寒気の影響で気温が下がり、暖房需要が増える

具体的に呼びかけられた節電対策

22日に節電対策として具体的に呼びかけられたのは下記の通り。

  • 22日の朝早くから家庭や職場などで不要な電気や暖房を消すこと
  • 暖房の設定温度を20度にすること
  • テレビを見る際には画面の明るさの設定を変えること

必要な節電量は、電力消費の1割に相当する約6000万キロワット時。22日の午前の時点で「目安に3分の2届いていない」との事。

停電の可能性がある地域は?

現段階では「停電の可能性」があると発表されてるだけで、具体的な停電地域は今の段階では特定できないという事。

停電を実施する地域については、事前にエリアメールで通知してくれるという事です。

停電が起きる場所について、東電の担当者は「場所は特定できない」として、発生する恐れがある場合は、事前にエリアメールで通知するという。

東京新聞

追記:東京電力パワーグリッドの情報によると、20時以降最大300万件規模の停電が発生する可能性があるという事です。

参考になる停電速報

停電速報についてはこちらの2つのtwtterアカウントの速報を追うと参考になると思います。

スマホの方は「特務機関NERV携帯アプリ」が特にオススメです。

停電の可能性がある地域は1都8件

東電管内は、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡の1都8県。

毎日新聞
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 静岡県(富士川以東)

念の為、停電の備えを!

冬並みの寒さになっている現在の関東地方で、夜間の停電はとても危険です。

電力を使わない防寒対策と、明かりの確保を念の為しておいた方がよさそうです。

ネット上でも、備えをする人たちの呼びかけツイートなどが多数見受けられます。

いつもシェアありがとうございます!