【田村智子議員のコロナ予言】国立感染症研究所の人員削減について「日本で発生したことのないような感染症が持ち込まれるリスクは無視できない」コロナの事だとtwitterで話題

Twitter上で共産党所属の参議院議員である田村智子議員が、コロナを予言しているような発言を去年の4月にしていたという事が話題になっています。

そのツイート動画はこちら。

話題になったのは、国立感染症研究所の人員削減についての質問。

以下は、その内容の書き起こしです。

田村智子議員:感染研の予算そのもの10年前の水準から比べると約20億円、1/3減ってるわけです。麻疹・風疹・そして梅毒などの再流行も国内では見られます。

国境を超えた人と物の移動はますます拡大をしていて新たな感染症が持ち込まれるこういう危険性に対する対策も不断に求められるわけです。

今、この体制が弱体化していけば国民の生命や健康への重大な脅威となるその危機感を私は強めざるを得ません。

感染症対策は国の安全保障政策そのものではないのかとこの事から考えてこの定員や予算、長期にわたって削減されてきたこの現状をどう認識されておられますか?


大口厚生労働副大臣回答:今後とも感染症に対する中心的な機関としての役割の重要性に鑑み必要な予算、定員の確保に努めてまいりたい。


田村智子議員:重要だっていう答弁は何度もくりかえされているのに、この事態を変えるっていう答弁は出てこない。 おかしいですよ。

今、日本は安倍政権が東京オリンピック等を契機としたインバウンド・しきりに旗を振ります。日本で発生したことのないような感染症が持ち込まれるリスクは無視できないわけですよ。

業務の合理化で研究がどうなっているのかっていう事をぜひとも現場できいていただきたい。

現場は相当疲弊しているっていう声がきこえてくるわけですからぜひとも定員削減の対象外にする事、これ強く求めて質問を終わります。

ネットの反応