高須院長 週刊ポストの韓国ヘイト疑惑への謝罪と作家たちの反応に持論「出版の自由は憲法で保証されています。」

高須クリニック院長の高須克弥さんが、週刊ポストが掲載した「韓国特集」記事について謝罪した事や、それについて批判の声をあげていた作家にTwitterで持論を展開。話題になっています。

週刊ポストの「韓国ヘイト疑惑問題」と事の経緯

事の始まりは、週刊ポストが9月13日号に韓国特集記事として『韓国なんて要らない』と題した記事を展開。

事の始まり「週刊ポスト」の韓国特集記事

内容は、

「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」「厄介な隣人にサヨウナラ」とし、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した韓国側のデメリットや、輸出管理強化による韓国経済への影響などについて検証する記事

『怒りを抑えられない韓国人という病理』という記事では、「大韓神経精神医学会」のレポートを紹介する形で、韓国の成人の10人に1人が治療が必要なレベルで感情がコントロールできないなどとした。引用:yahoo

著名作家が小学館を批判、ボイコット

その後、その特集記事に対して批判が殺到。 小学館にゆかりのある作家がボイコットをする自体にも発展。

深沢潮(ふかざわうしお)さん

わたし、深沢潮は、週刊ポストにて、作家たちのA to Zという、作家仲間6人でリレーエッセイを執筆しています。しかしながら、このたびの記事が差別扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みすることにしました。すでに原稿を渡してある分については掲載されると思いますが、
以降は、深沢潮は、抜けさせていただきます。ほかの執筆陣の皆様には了解を得ています。

週刊ポストが謝罪

弊誌9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました。
なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。
お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります。 (『週刊ポスト』編集部)引用:HUFFPOST

高須院長が持論

ネットの反応

ネットの声
言論の自由であり謝罪する問題ではないと思う。むしろ反日ヘイトはいいのにその逆はダメと言うマスコミや知識人の忖度の方が問題だという気がする。これをきっかけにマスコミは公正でバランスのとれた報道をするようにすべき。
ネットの声
これがいい悪いは別問題ですけどもっとゲスな見出しとか記事書いてる週刊誌なんて腐る程あると思いますけどね
ネットの声
まぁ、連日の韓国政府の言動やマスコミ報道のおかげで、韓国が嫌いになった人が増えたのは確かだろうな。