【炎上まとめ】内閣官房参与の高橋洋一さんが「さざ波」ツイートで炎上→反省

内閣官房参与の高橋洋一さんが「さざ波」発言で、炎上した件について自身の発言を反省するツイートを投稿しました。

炎上原因

そもそも炎上に至った理由は下記の5月9日の「さざ波発言」

日本のコロナ感染状況について「さざ波」と表現したこと、続けて「笑笑」と嘲笑うような印象を持たせる言葉が「不謹慎」として炎上しています。

リプ欄での反応

菅総理が高橋さんの発言に答弁するまでに発展

また、一般のみならず、公明党の山口那津男代表や野党も、この「さざ波」発言に反応。

菅総理が高橋洋一さんの発言に対して答弁する事態にまで発展しました。

山口代表は、 大阪府や兵庫県をはじめ国内の医療提供体制は厳しく、適切な治療を受けられないまま残念な結果になっている状況もあると指摘。「高橋氏は個人の主観的な評価を述べていると思うが、いろいろな受け止めがあり得るので配慮が必要だ」引用:ロイター

菅義偉首相は10日の参院予算委員会で、「高橋さん個人の主張について、私から答弁することは控えるべきだろう」と述べた。菅首相は高橋氏との関係について「経済見通しや経済運営、そうしたものを以前から相談している。五輪のことについてはまったく相談をしていない」と答えた。引用:朝日新聞

反省?

これらの炎上の広がりを受けてか、5月11日にtwitterで「価値観を含む用語は使わないようにします。」と反省しているような文章を投稿しています。

高橋洋一さんはyoutubeで35万人の登録者を誇る人気youtuberでもあります。

« »