老人介護施設「それいゆ」で逮捕された職員 顔の画像は?余罪や施設の場所についても

岐阜県高山市桐生町の老人介護施設で、半月の間に入所する老人が相次いで亡くなってしまうという事件が起きたのは2017年の8月。

そして2019年の2月3日に元職員の33歳の男性が、当時91歳の女性に大怪我を負わせたとして逮捕された事が話題になっています。

介護施設の名前は「それいゆ」 相次いで起きた事件との関連性、余罪も含め捜査を進めているようです。

老人介護施設「それいゆ」で逮捕された職員の名前や顔の画像は?

今回、老人介護施設の女性に大怪我を負わせたとして逮捕された元職員の男性の情報は、

  • 名前:小鳥剛容疑者(おどり たけし)
  • 住所:名古屋市南区戸部下1丁目

顔画像はこちらです。

そして、事件のあらましを伝えた動画はこちら。

小鳥剛容疑者は、2017年8月当初、自宅前で朝日新聞の取材に応じた際には、

「やっていない」

と、断固否認。

現在逮捕されていますが、警察も小鳥剛容疑者の認否も明らかにしていない状況です。

ただ、そのほかの「それいゆ」で起きた事件にも大きな関連がある可能性も大きくあり、余罪は出てくる予感ですね。

世間でも、老人介護施設に関連した事件には、「またか。。」という意見も多いようです。

今回の事件は全て小鳥容疑者の仕業だとすれば、明らかな変態であり、同情の余地もない所になりますが、介護職という人が人を世話する仕事に対して「介護する人間」へのメンタル的なケアの必要性も事件を通じて不安視されているようです。

この問題は、これからもまだまだ続いて起きていく事が考えられるため、根本的な問題追及からの解決が必要。

ただ、それも長年言われ続けていながら解決策が見つからないようで、まず介護職の、

  • 賃金の安さ
  • 休みの取りづらさ
  • 体力的・精神的なきつさ
  • その割に責任感の重さ
  • 現場への理解と配慮のない管理側の体制

などなど、問題は山積みのようです。

老人介護施設「それいゆ」の場所


公式HP:http://www.ori-doujinkai.or.jp/soreiyu/index.html

ホームページを見る限り、とても素敵な施設に見えますし、実際そうなんであろうと思われます。

実際に、高山市内にあるこの施設の大元でもある、同仁会系列の施設の評判は市内でもとても良いようです。

一部の人間の愚行により、真っ当な医療法人が風評被害に合わない事を祈るばかりですね。

老人介護施設「それいゆ」で起きた事件についての世間の反応

福祉、医療業界こそ
慈悲の心が本当に土台にないといけない。

志高く入ってくる子も
辞めていくんですよ。

理由は、給与の低さ、休みの取り辛さ。
いつ事故が起こってもおかしくない職員配置。
つまりは、人材不足。
もちろん事故が起これば、役所や県に報告書。保護者からはクレームや悪評をつけられる。

今の日本の福祉、医療の現場。
どの眼で国は視察してるのでしょうか。

あんたらもいつかは
介護される日が来るのだから。


似たような事件が多くてどの事件だったかもう忘れている。
老人介護施設ではこのような事件がまだまだ続きそうな気がするので、根本的な問題追求と解決が必要な気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です