【放送事故動画】ウィルスミスがクリスロックを殴る!アカデミー賞にて

この記事は約5分で読めます。

2022年の3月27日(日本時間28日)に開催された第94回アカデミー賞授賞式の生放送中にウィルスミスがプレゼンターのクリス・ロックを壇上で殴る。という、ハプニングがありました。

その時の動画はこちらです。(読み込み後表示されます。)



ウィルスミスが殴った経緯

ウィルスミスの妻であるジェイダさんは、脱毛症である事、それにより坊主頭にした事を、インスタグラムで告白していました。

彼女が初めて脱毛症を抱えていると明かしたのは2018年、自身のトーク番組『Red Table Talk』でのことだった。「気付いた時は恐ろしかった。ある日、シャワーを浴びていたら髪がごっそり抜けたので、私はハゲになっちゃうの?と思って」

yahoo
STEP
ジェイダさんの髪型をクリスロックがネタに笑いをとる

ウィルの妻、ジェイダに向かって「ジェイダ、愛してるよ。『G.I.ジェーン2』が待ちきれない」と髪型をネタにしたジョークを飛ばす

STEP
ウィルスミス壇上に上がり、殴る(ビンタ?)

スタスタ⇨パシーン

(会場は、台本通りの冗談だと思ったのか?殴られた後も笑いで溢れる)

STEP
席に戻ってからも怒りはおさまらず。

ウィル「お前のファッ○ンな口から妻の名前を出すな」的な事を、放送禁止用語を混じえながら怒鳴る

STEP
会場が静寂に包まれる

(本気だと悟った会場の人たちは沈黙に。。)

クリスロックは「ワオ! ウィル・スミスにやられました。『GIジェーン』のジョークだったんです。テレビ史上、最高の場面でしょうか」などと、おどけるも会場は静まりかえる。

殴られた後のクリスロック
STEP
ウィルスミスが主演男優賞受賞スピーチで謝罪

「私は人々を愛して守る川のような存在にならないといけない。罵詈雑言に慣れ、構わずに笑っていなければいけない。このビジネスでは自分は人に見下されてもいい。そして、それでいいと思っているフリをしなければならない。」


「アカデミー賞のみなさん他の候補者に謝罪をしなければいけません。この美しい瞬間です。僕は受賞したから、涙を流しているわけではありません。これにより人々に光を差すことができます。全員に光をさせてうれしいです。」

クリスロックは過去にもアカデミー賞で問題となるジョークを

クリスロックは2016年にもアカデミー賞で、アジア系への人種発言とも取れるジョークを行ったとして、炎上しています。

黒人コメディアンのクリス・ロックが、先月28日に開催されたアカデミー賞授賞式でアジア系アメリカ人をネタにしたジョークを披露したことで非難されている。

問題のジョークはクリスが3人の「会計係」と共にコントを披露した時のことで、スーツ姿のアジア系の子どもたちをステージに登場させた。アジア系は数学が得意だという一般論をネタにしたものだ。

tvGroove

ネットの反応

いつもシェアありがとうございます!