【宮城県 塩釜市】クレーン車の事故の原因はアウトリガーを張る地盤が弱かったから?ホームセンター(サンデー)の建設現場で倒れ大惨事。

2019年12月18日、宮城県塩釜市のホームセンターの建設現場で大型のクレーン車が倒れる事故が起こり話題になっています。

18日午前7時40分ごろ、宮城県塩釜市新浜町2丁目の工事現場でクレーンが倒れ、車が下敷きになる事故があった。地元消防によると、車内にいた1人が死亡、車外を含む6人がけがをし搬送された。6人のうち1人は重傷という。引用:中日新聞

クレーン車の事故の原因や現場の画像や状況は?

事故の原因に対するネットの意見は

事故の直接の原因については明らかになっていませんが、ネットなどの意見では、アウトリガーを張る地面が弱かったからではないかという話が上がっています。

アウトリガー

報道による現場の状況

中日新聞が報道する県警塩釜署の情報によるとクレーン車は作業中に転倒したという事。

  1. 現場はホームセンターをチェーン展開する「サンデー」(青森県八戸市)の新店舗の建築現場
  2. クレーン車は作業中だった。
  3. 同署は業務上過失致死傷の疑いも視野に捜査する。

朝日新聞の報道によれば、事故後のクレーン車や現場の状況は

ワゴン車内にいた4人は、作業前で待機していた。クレーン車はアームが伸びた状態で、車体を固定する4本の脚が出ていたという。引用:朝日新聞