【福岡県篠栗】母親を洗脳?赤堀恵美子容疑者は何者で母親との関係性は?5歳児が餓死で逮捕(まとめ)

福岡県篠栗(ささぐり)町で起きた悲しい事件が話題になっています。

福岡県篠栗(ささぐり)町のマンションで昨年4月、当時5歳の男児に十分な食事を与えずに餓死させたとして、県警は2日、母親の碇(いかり)利恵(39)、知人の赤堀恵美子(48)両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。引用:読売新聞

被害者は5歳の男児の翔士郎ちゃん。2020年4月18日にまともな食事を与えられず衰弱死させられてしまいました。

発覚は、息をしていないことに碇容疑者が気づき、赤堀容疑者が消防に通報した事からで、体重は5歳児の平均を大きく下回り、2歳児並みに痩せていたそうです。

亡くなった翔士郎ちゃんには小学生の兄が2人おり、翔士郎ちゃんの死亡後、2人の兄は児相が一時保護しているとの事。

容疑者について

逮捕されたのは、下記の二人。

・【母親】碇 利恵(39)
・【知人】赤堀 恵美子(48)

家族構成と容疑者2人の関係性

徐々に洗脳状態に→離婚

母親の碇容疑者赤堀容疑者2015年6月頃から、お互いの子供が、篠栗町内の同じ幼稚園に通った事から「ママ友」になり親密になっていき、徐々に洗脳状態と言ってもいい状態になっていたようです。

両容疑者は「ママ友」として知り合い、赤堀容疑者は数年前から碇容疑者宅を頻繁に訪れていた。碇容疑者は赤堀容疑者に信頼を寄せ、次第に赤堀容疑者の指示通りに行動するようになったという。引用:読売新聞

女は「浮気調査費」の支払いの仲介を装ったり、困窮する中わずかな食事を提供したりして信頼を得ていたとみられる。母親は知人に「生活が苦しいけど、親しいママ友に助けてもらっている」と話していた。引用:西日本新聞

母親の碇容疑者は夫、息子3人と町内の一軒家に住んでいたが、「旦那さんが浮気をしている」と言う赤堀容疑者の嘘を信じ、2019年5月に離婚し息子三人と家を出る事に。

離婚後→現金を騙し取られる

・その後、赤堀容疑者母親の碇容疑者から慰謝料や調査費、裁判費用等の名目で現金を騙し取る。

「浮気調査費を知人に立て替えてもらっているので払わないといけない」「離婚の裁判費用が必要」-。  母親は女の言葉を信じ、受給した児童手当や児童扶養手当のほぼ全額を女に渡すようになった。

引用:西日本新聞

女性は母親の夫が不倫していたとうそをつき、浮気調査をした知り合いに渡す調査費や不倫相手に渡す慰謝料の名目で、母親が受給している児童手当や児童扶養手当、生活保護費などから現金を支払うよう求め、19年6月~20年4月、預金通帳や現金計約187万円をだまし取った。

また、女性は三男が死亡した後の20年6月にも夫を訴える裁判費用の名目で母親から12万円をだまし取った

引用:毎日新聞

・また、母親の碇容疑者は無職ながら手当てなどによりある程度の収入があったが、全て赤堀容疑者に渡し、食糧等は渡されていたと言う事です。

母親は体調を崩して働けなくなり、19年秋、女に付き添われて町役場で生活保護を申請。20年3月までに受給した生活保護費もほぼ全額を女に渡したという。引用:西日本新聞

現金はほとんど所持しておらず、赤堀容疑者から渡された食料を家族4人で分け合っていた。赤堀容疑者は「しつけ」と称して、碇容疑者に子どもの食事を抜くよう指示することもあったとされる。碇容疑者は翔士郎ちゃんの死亡後、県警に「生活に困っていた」と説明していた。引用:読売新聞

時系列

・2015年6月頃:容疑者の二人が出会う

・2019年5月頃:赤堀容疑者の嘘を信じ、旦那と離婚。子供と家を出る。(その後、2019年6月〜2020年4月まで赤堀容疑者は継続的に母親から金銭を騙し取っていた。)

・2019年9月頃:町が子供達の衰弱を認識し家庭訪問をするも赤堀容疑者に追い返されると言った事も起きる。(福岡児童相談所などでつくる協議会は2019年秋頃から、一家を支援対象として家庭訪問を行っていた)

・2019年10月頃:母親の体調不良で働くのが難しくなり生活保護を受給する事に

・2019年11月頃:幼稚園の欠席が続くようになる。

・2020年4月頃:翔士郎ちゃん衰弱死。

« »