千家和也さんが死去。(葬儀や告別式は家族内で) アイドル歌謡を支えた作詞家にネットでも偲ぶ声多数

1970年代のアイドル歌謡界を支えた、作詞家の千家和也さんが亡くなられた事が2019年6月26日にわかりました。

終着駅」や「ひと夏の経験」など数多くのヒット曲の歌詞を手掛け、1970年代の歌謡界をリードした作詞家の千家和也(せんけ・かずや、本名村越英文=むらこし・ひでふみ)さんが13日に死去したことが26日、分かった。73歳。葬儀・告別式は近親者で行った。

引用:yahooニュース

千家和也さんは数々の大ヒット作の作詞を手がけました。

千家和也さんについての詳細とネットの声は⬇️から

千家和也さんのプロフィール

出典:https://middle-edge.jp/articles/Do9Cn

  • 千葉県出身。
  • 市川高校卒業。
  • 早稲田大学教育学部中退。
  • なかにし礼に師事、作詞家としてデビュー。
  • 1972年、「終着駅」が第14回日本レコード大賞作詞賞を受賞。
  • アイドルからアニメ、大人の歌と幅広く作詞をしている。
  • 1982年には、本名で書いた小説「だから言わないコッチャナイ」で、第60回オール讀物新人賞を受賞。
  • 山口百恵さんのヒット曲も多数手がける
  • 2019年6月13日、死去。73歳。

代表作:奥村チヨ「終着駅」や山口百恵さんのヒット曲など多数。

引用:wikipedia


ネットの声

ネットの声
百恵さんからクールファイブからキャンディーズからと、たいへん守備範囲の広い作詞家だったと思います。好きな曲いっぱいありました。
まだまだお仕事出来るお歳でしたのにと思うととても残念です。長い間の作詞家人生、お疲れ様でした。どうぞ安らかに、ゆっくりとお休みください。
ネットの声
我々の若いころに街中に流れていた数々のヒット曲の作詞をなさった方のようですがありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
ネットの声
今でも、心に残る詞が出てくるのだから凄いと思います。千賀さんの詞は永遠です!
ネットの声
名曲と一言では語れない。歌詞に何らかのインパクトを放っていて聴く人を惹きつけていた。
シークちゃん
昭和世代の人たちの青春に多大な影響を与えていた事が伝わります。ご冥福をお祈りいたします。