【さいたま市 桜区白鍬】家出息子の樺沢勇人容疑者の顔画像や詳細は?母親殺しで逮捕「刑務所に入ろうと思った」

埼玉県さいたま市の桜区で息子が母親を刺す事件が起こりました。

 埼玉県警浦和西署は15日、母親を包丁で刺したとして、殺人未遂の疑いで住所不定、無職の長男樺沢勇人容疑者(23)を逮捕した。引用:東京新聞

逮捕容疑は15日午前10時20分ごろ、さいたま市桜区白鍬の実家で、母知美さん(45)の背中を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。「包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めている。引用:毎日新聞

逮捕された犯人のわかっている情報はこちら。

・名前:樺沢勇人容疑者
・年齢:23歳
・住所:さいたま市桜区(住所不定)
・職業:無職
・家族構成:長男(両親、弟の4人暮らしだった)

事件の詳細

・容疑者は2021年1月に家出。(2ヶ月程度)
・父親が行方不明届を出していた。
・3月15日にさいたま市桜区の自宅に戻る。
・戻った当日に母親を刺し殺人未遂で現行犯逮捕。
・死亡が確認され、殺人容疑に切替。

樺沢容疑者は両親、弟と4人暮らしだったが家出し、父親が1月に行方不明者届を提出。15日午前、知美さんから同署に「息子が帰ってきた。届け出を取り下げたい」と電話があったが、突然悲鳴が上がり、容疑者とみられる人物が電話口で「母親を刺した」と申し出たという。駆けつけた署員が取り押さえた。引用:毎日新聞

「何もかも嫌になり、母親を殺して刑務所に入ろうと思った」と供述。

ネットの反応

« »