ラグビーの福岡選手(福岡堅樹)の実家や家族は?学歴や結婚して子供がいるかなども。医者を目指すというインタビューで話題に

見事、スコットランド戦にも勝利し、優勝に向けてラグビー日本代表。

そんな快進撃を続けるラグビー日本代表ですが日本代表選手でもある福岡堅樹選手について話題になっています。

それは福岡選手がワールドカップで15人制の代表を退き、7人制での出場を目指す2020年の東京五輪で現役引退し、医師を目指すと公言している事。

現在27歳の福岡選手ですが、実家や家族の有無、学歴なども気になります。

ラグビーの福岡選手(福岡堅樹)の実家や家族は?

ワールドカップ後、引退して医者を目指すと公言している福岡選手なのですが、それもそのはず福岡選手の祖父は医者お父さんは歯医者をしているのだそうです。

お父さんに至っては、高校大学と福岡選手と同じくラグビー選手でもあったようで、福岡選手のマウスピースはお父さんが作成したものだとも言われています。

ラグビーの福岡選手(福岡堅樹)の学歴

福岡選手自身、高校卒業後は元々、医学部への進学を希望。

しかし、現役及び一浪時に同学部のある大学を受験するも失敗。一浪時の国公立大学二次試験の後期試験で受験した筑波大学に入学し入学。ラグビー部に入部したという経歴もあり、ラグビー引退後に再度医学部入学へのリベンジとなりますね。

ラグビーの福岡選手(福岡堅樹)は結婚していて子供いる?

27歳という年齢で医学部進学、医者を目指す福岡選手ですが、結婚はしておらず彼女はいないようです。

これは2019年6月のテレビ番組「さんま御殿」でハッキリ明言していたようです。

6月から現在の間はワールドカップの間に彼女ができるほど暇であるはずもなく、現在もフリーの独身続行中であるのは間違いなさそうですね。

ネットの反応