【2019最新】PS5のスペックや発売日まとめ!価格やPS4との性能の比較も

2019年4月15日、SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)がプレイステーション5(PS5)についての情報を一部公開した事が話題になっています。

現在の現行機であるPS4は2013年11月15日に発売。もう、5年半も経ってるんだという事にも驚きます。

PS4でも十分すぎるくらいの快適なゲーム環境でもある中での、今回のPS5の発表はゲーマー達には待ちに待っていたニュースですね!

今回は発表されたスペックや発売日について、まとめるとともに現行機であるPS4とのスペック(性能)の比較も見ていきます!

PS5のスペックや発売日や価格は?

今回待ちに待った発表となったPS5の情報を考察していきます!

  • 発売日
  • 価格
  • スペック

ここが押さえておきたいポイントですね!

PS5の発売日は?

まず、PS5の発売日ですがみなさんご存知の通り今回発表されているのは2019年の発売はなし。という情報だけです。

しかし開発状況としては、すでに多くのデベロッパー(開発者)に開発機材を渡している状態でもあるようです。

スペックについては後述しますが、すでに開発機材を渡しているという事はある程度の設計ピースは揃っているという事。

あとは、断片的なピースを技術的に組み合わせてチェックしていく段階にはあるはずです。2019年には無理でもオリンピックが始まるまでには販売される可能性はあるのではないかと思われます。

過去のPS(プレイステーション)シリーズのナンバリングの発売日を見てみると、

  • 初代PS →1994年12月3日
  • PS2   →2000年3月4日
  • PS3   →2006年11月11日
  • PS4   →2013年11月15日

ほぼほぼ6~7年の周期で訪れています。

SIEのような、世界中の期待を背負った大きな会社であるならば、ユーザーの興味関心の周期をきっちり熟知しているとおもわれるため、

この流れで考えると、PS3→PS4の発売日に至ったのと同じちょうど7年の2020年11月付近には発売日が訪れるのではないかと期待できそうな予感です!

PS5の価格は?

そして、気になるPS5の価格ですが、こちらもご存知の通り今回の発表では開発段階でもあるため発表はされていません。

過去のプレイステーションの初期価格の歴史は、

  • 初代PS →39,800円
  • PS2   →39,800円
  • PS3   →49,980円(20GB) 59,980円(60GB)
  • PS4   →41,979円

この流れで考えると、PS5の初期の価格帯も5万円前後になるであろうと予想されます。

パソコンを利用したゲームが主流となる中で、売り上げや需要自体が下がりつつある、家庭用ゲーム機でパソコン並みの価格を設定するのも売り上げの減少に繋がると思われ、過去にあったPS3の6万円という価格帯にはなる事は無いであろうとは思われます。

ただ、これからのゲームはVRが必須となるもしくは、VRが無いと性能を十分に楽しめないという事もありそうですし、周辺機器にお金を払う事が多くなってきそうな予感はします。

現状、PSVRの価格は4万円弱。 本体と合わせるとPS5を思い切り楽しむために必要なお金は10万円を超えていきそう予感です。

IT業界と同じく、移り変わりの激しいゲーム業界。

現状でもゲームができるスペックのパソコンがあれば、高スペックで楽しいゲームがいくらでも満喫できる時代である事も考えれば、PS5は家庭用ゲーム機として、パソコンゲームユーザーでは体験できない差別化を徹底していかないといけないはずです。

PS4と比べてただ綺麗になっただけでは、「10万円というお金を払うならパソコン買うわ。」と言われないすごいものを期待したいですね。

PS5のスペックは?

そして気になるPS5のスペックですが、今回の発表では、

  • AMDの新型CPU“Zen 2 (3Dオーディオ用のカスタムユニット)
  • GPUはRadeonの“Navi”をベースにしたカスタムGPU
  • HDD→SSD 標準装備
  • PS4互換
  • 物理メディア採用

上記のものが組み込まれる予定であるという事。

ここは、マニアから見たら賛否が別れる所になるかもしれませんが、簡単にいうと、

画質は8Kもできるし、めちゃめちゃ綺麗で、今まで音はお任せだったけど、全部が臨場感溢れるすごいゲームができるのがPS5になるよ! という事。

そして更にはハリウッドでも使われる、レイトレーシングにも対応するという事。これは最新のパソコンゲームには既に利用されている技術ではありますが、家庭用ゲーム機としては初の試みになるという事。

詳しい事は、見た方が早いと思われるのでこちらのyoutube動画をご覧ください。

水たまりに風景が映ったりと、現実世界の反射がリアルに描写されているのがわかると思います。

ちょっとした事にも思えますが、この違いだけでリアルな臨場感が楽しめるのがわかると思います。

ただ既にパソコンでは使われている技術でもあるため、これが実現できたとして、やはり家庭用ゲーム機の時代遅れ感は否めない所ではあります。

また、中古売買ができてお得に楽しめるという家庭用ゲーム機の唯一のメリットを残したいためか、物理メディアを採用。

限界値が見えてしまう所でもありますね。。

PS5についてまとめ

今回、PS4の開発にも大きく関わっている開発者と言われる、「マーク・サーニー」は、

今後コンソール機というものは、いままで私たちが経験してきたゲーム体験の単純なアップグレードしたものを提供するわけではなく、ゲームの根本すら変えてしまうようなまったく新しいものを提示してくれることになる

と言及しています。これはいわゆる、ただ座ってピコピコするだけではない「現実では体験できない更なる体験価値」を提供しようとするもの。

最近では、ニンテンドーのスイッチに見られるような、体を動かすようなよりリアルの体の動きとマッチさせたゲームが続々と出てきています。

ニンテンドーは、戦略的にグラフィック性能は捨て、パソコンを持たない低年齢層や親世代をターゲットにした、持ち運びができる家庭用ゲーム機を主軸に大ヒットを飛ばしたわけですが、今のPS5の発表をみる限りは、パソコンゲームユーザーをターゲットに真っ向勝負を挑みそうな予感があります。

パソコンゲームを超える、もしくは変えのない体験価値を生み出せるのか疑問ではありますが、やはりPS5の発売には期待を隠せない所でもあります。

ただのPS4の上位互換ではなく、この手があったか!と思わせる、家庭用ゲーム機の新時代を見せて欲しいですね!

PS5についての世間の反応