【ぴえん】2020年「今年の新語大賞」の選考基準や言葉の意味は?「優勝」等の言葉も入賞

2020年の『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」』の大賞が「ぴえん」に決定し話題になっています。

新語大賞の選考基準は?

新語大賞の選考は以下の通り。

この2020年を代表する言葉(日本語)で、今後の辞書に採録されてもおかしくないもの。

  1. 「今年特に広まった」と感じられる言葉。今年誕生したかどうかは問いません。
  2. 自分自身や周りの人が、ふだんの会話やSNSなどでよく使うようになった言葉。
  3. 流行語や時事用語、新しい文物でもかまいません。

引用:word wise web

  1. twitterや応募フォームより一般公募
  2. 選考委員がベスト10を選ぶ

選考委員は辞書編纂のエキスパート「三省堂」の編集委員の方達です。

流行語大賞とは違い、「今年広まったと感じられる新語」で、必ずしも「今年生まれた言葉」とは限らないという所が特徴。

また「今後の辞書に掲載されてもおかしくないものを発表する」という所から現段階で辞書に載っていないけどよく使われているように見受けられるもの。という感じでしょうか。

三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」』トップ10

トップ10の意味を調べてみましたが、さすが辞書にのっていないだけあって、調べるの一苦労でした。

解説は、ネットで調べてあるものはwikipedia等に載せてくれているものの引用や、無いものは用例などからのこんな感じじゃないかな?というものです。

大賞:ぴえん

ぴえんは、泣いているさまを表す擬態語。泣き声の「ぴえーん」を省略し、SNS上やメールなどのやり取りで「(涙)」の意味でより汎用性の高い言葉として使われる。悲しい時にも嬉しい時にも使用され、深刻さは伴わない。目を潤ませた絵文字(Pleading Face、🥺)とともに用いられることが多い

2018年11月頃から女子中高生の間で使用されるようになり、男女問わず幅広い世代に浸透した

引用:wikipedia

2位:〇〇警察

自粛警察など

自粛警察(じしゅくけいさつ)とは、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条に基づく緊急事態宣言に伴う、行政による外出や営業などの自粛要請に応じない個人や商店に対して、偏った正義感や嫉妬心、不安感から、私的に取り締まりや攻撃を行う一般市民やその行為・風潮を指す俗語・インターネットスラングである。 引用:wikipedia

3位:密

3つの密など

集団感染防止のために避けるべきとされる密閉・密集・密接を指す。3つの「密」・三つの密とも表記され、一般に3密(さんみつ)と略される。また、英語圏ではThree Cs・3Csとして普及している。引用:wikipedia

4位:リモート

コロナにより「リモートワーク」等という事でよく使われるようになりましたね。

リモートでの会議や、飲み会まで今まで一般的なものではなかったのが一気に広がった印象があります。

5位:マンスプレイニング

マンスプレイニング(英語: mansplaining)は、男を意味する「man」(マン)と解説を意味する「explain」(エクスプレイン)をかけ合わせたかばん語。男性の持つ「女性は自分より知らない・わかっていない」という前提の根拠が差別意識にすぎないことを指摘するものだが、一般的には「男性が、女性を見下すあるいは偉そうな感じで何かを解説すること」とされる引用:wikipedia

6位:優勝

優勝した人が他人である場合はこの意味。主にアイドル用語として使われることが多かったが、単純な意味のため近年では様々な人の間に広がっている。「他に勝るものがない」「一番良かった」という意味から恐らく派生したのではないかと思われる。(例)今日のライブは○○くん/○○ちゃんが優勝! (その他にも色々な意味が)→引用:ニコニコ大百科

7位:ごりごり

ゴリゴリのヒップホップアーティスト」「ゴリゴリの芸人さん」などという風に使う感じ(?)
意味は「純度100%の」「正真正銘の」的なものかと。

意外と使っているようで、よくわかっていない言葉ですね。

8位:まである

「〜な可能性がある、〜なことは否定できない、〜なことすら考えられる」の意味です

八坂沙織さんがSUPER☆GiRLS在籍時に「日本の未来にゆるさと萌え〜を届けるまである」をキャッチコピーとしたことで有名になりました

探してみたところ、ネットで使用されたのは2006年のこの2chのスレの22が最古まであります

引用:教えてgoo

9位:グランピング

グランピングとは、英語で“魅力的な、華やかな”などを意味する「Glamorous(グラマラス)」と「Camping(キャンピング)」を組み合わせた言葉で、直訳すれば“魅力的なキャンプ”という意味になります。引用:lineトラベル

簡単に言えば、「全て用意されたキャンプ」のようなもの。初心者が不便、難しいと感じるポイントをサポートしてもらえ、豪華かつ快適に過ごせるキャンプ。

10位:チバニアン

チバニアンとはラテン語で「千葉時代」を意味する単語。
千葉県市原市の養老川沿いにある約77万年前の地層を指す。同地層は、約77万年前を境に、その前後で地球の磁場が逆になっていることが明確に読み取ることができ、地球の歴史を表す地質年代の区切りの目印とされ、地球の歴史を調べるうえで重要な地層として注目されている。国立極地研究所などの研究グループが国際学会では、この地層の「国際標準模式地」としての日本初の認定を目指しており、認定されれば「チバニアン」と名付けられる見込み。
引用 コトバンク

令和2年1月17日に、世界中で使われる地質年代(約77万~12万6千年前の年代)に「チバニアン」が刻まれた。

選外(コロナ枠)

ソーシャルディスタンス、ステイホーム、クラスター、アマビエ、ロックダウン、手指(しゅし)

« »