大阪モデルとは?内容や基準とその根拠は?twitterでの批判などの評価についても

大阪府の吉村洋文知事が5月5日に「大阪モデル」なる大阪独自基準なるものを発表し、話題になっています。

今回はその「大阪モデル」についてできるだけ簡単にわかりやすくまとめてみました。

大阪モデルとは?

「大阪モデル」とは、

“大阪モデル”とは、大阪府が5日に開いた新型コロナウイルスの対策本部会議で、特措法に基づく外出自粛要請や休業要請を段階的に解除するための独自基準を決めたもの。 引用:スポニチ

簡単にザックリ言えば、

コロナによる外出自粛や営業自粛などの要請「このくらい落ち着けば(段階的に)解除していきますよ」とする大阪独自の基準の事。

そしてそれらはわかりやすく公開されるという事。

大阪モデルの該当数値を毎日府のHPで公表し、どの位の危険度にあるか、オープンにする。さらに、基準内なら緑色、警戒レベルになれば黄色、危険レベルは赤色で、大阪城公園や万博公園(太陽の塔)、通天閣(依頼予定)をライトアップし、府民が危険度を一目で分かるようにする。引用:吉村府知事twitter


大阪モデルによる基準

  1. 新規「感染経路不明者数」→10人未満
  2. PCR検査の陽性率=7%未満
  3. 重症者向け病床の使用率=60%未満

(①と②は7日間の平均で判断される)

この3つの基準を7日間連続で下回れば、段階的に自粛要請が解除していくとしています。

大阪の現在の状態

5月4日時点での大阪の状態は以下の通りなのでこれが続けば自粛は段階的に解除される事に。

  1. 新規感染経路不明者数→7.29人
  2. 陽性者の割合→4.5%
  3. 重症者向け病床の使用率→33%

府内の感染経路不明者は4月30日以降10人を下回り、陽性率も最近は2~3%台で推移している。5月4日時点で重症患者向け病床は188床を確保し、重症者の病床使用率は約33%と、現時点では府が示した基準をいずれも下回って医療体制を確保できている。引用:日本経済新聞


ちなみに基準が満たし解除されたとしても、その後に数値が悪化した場合は再び自粛などの対策が再実施される事になります。

再実施基準

  1. 「経路不明の新規感染者の増加比が前週より1以上」
  2. 「経路不明の新規感染者数が5~10人以上」
  3. 「PCR検査の陽性率が7%以上」

出典:大阪府HP

大阪モデルの基準には根拠がある?

この大阪モデルの基準についての根拠は、府専門家会議の座長を務める朝野和典大阪大教授が「科学的に根拠があるわけではない」と説明しているようです。

府専門家会議の座長を務める朝野和典大阪大教授は、大阪モデルを「経済と医療の兼ね合いで作った指標。サイエンスとしてエビデンス(根拠)があるわけではない」と強調した。引用:東京新聞

ネット上ではこの「大阪モデル」について賛否両論の声が。


ネットの反応