【滋賀県大津市】下山真子の顔画像やFacebookが特定?新立文子の逮捕理由と事故の原因が明らかに

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱の県道の歩道で、信号待ちをしていた保育園児ら16人の列に軽乗用車が突っ込み、いずれも2歳児の

  • 伊藤雅宮(がく)ちゃん・・・死因:頭やお腹の強打
  • 原田優衣(ゆい)ちゃん・・死因:心破裂

の2名が死亡、

  • 時 瑾潤ちゃん・・脳出血

1名が現在も意識不明の重体、女児(3)が頭蓋骨骨折などの重傷になっている事故で、事故を起こし現行犯逮捕された女2名に注目が集まっています。

逮捕されたのは、普通乗用車を運転していた新立文子(52)容疑者。

追記:軽自動車を運転していた下山真子(62)さんは逮捕後、釈放されました。

2人の顔画像を含め、逮捕された容疑や事故の原因についても調べました。

【動画】大津市事故で「スッキリ」加藤浩次のマスコミ批判のコメントに賞賛の声多数!

2019年5月9日

【大津市大萱】新立文子容疑者(右折側)が園児巻き込み事故の原因だと判明!下山真子(直進側)は釈放

2019年5月9日

【マスゴミ】レイモンド保育園の園長の会見が「見ていられない」「マスコミの質問に悪意がある」つるの剛士やネットが怒り

2019年5月8日

【滋賀県大津市】下山真子の顔画像やFacebookが特定?新立文子の情報も

これだけ連日高齢者の巻き込み事故が話題になり注意換気される中、またしても起きてしまった高齢者による運転で、幼い命が失われる事故。

事故現場はフェンスがひしゃげ、事故当時は園児が挟まれぐったりしていたといわれています。

なんと痛ましい事故でしょうか。

事故を起こした犯人の顔画像やFacebook画像について、下山真子さんと新立文子容疑者について調べましたが現在のところ公開されている情報はありません。

わかっている情報は以下の通り。

下山真子さん(62)

軽乗用車を運転(園児の列に突っ込む)

大津市若葉台(以下、住所から現場までの経路)

新立文子容疑者(52)

乗用車を運転

住所:大津市里山3丁目(以下、住所から現場までの経路)

事故状況も徐々に明らかに

軽乗用車の後方を運転していた30代男性会社員は「キャー」という叫び声を聞き、119番した。車外に出て様子を見ると、軽乗用車は歩道を乗り越えるように走り、その先にあったフェンスをなぎ倒して止まっていた。

 園児たちはほぼ全員が青白い顔で倒れ、3、4人はぐったりして意識がないように見えた。後頭部から血を流してぐったりしていた男児を抱え上げて「大丈夫やぞ」と声をかけたが、目が半開きのまま反応はなかった。軽乗用車を運転していた下山真子(みちこ)容疑者(62)は車外に出て、ぼうぜんとした様子で立っていたという。

 現場近くのボートクラブにいた女性(55)も衝突音に続き、子どもらの叫び声を聞いた。すぐにクラブ備え付けの自動体外式除細動器(AED)を手に仲間と現場へ走った。近くのスポーツ施設からも数人がAEDを抱えて集まっていた。子どもたちは頭から血を流したり、「ママー、ママー」と泣き叫んだりしていたという。

 すぐそばのホテルの女性アルバイト従業員(36)は分厚いバスタオルを10枚ほど持ち込み、手当てをした。道路脇のフェンスは「く」の字に曲がっていた。現場には水筒など園児の持ち物が散乱し、「とても直視できなかった」。近くの浄水場の男性職員(57)は「園児の名前を呼びながら心臓マッサージをしている人もいた。こんなひどい事故が起きるとは」と絶句した。

 保育園に子どもを通わせる保護者の女性によると、事故後、保育園の連絡用アプリで「緊急事態。早めのお迎えお願いします」と連絡があったという。女性は「保育園に何回電話してもつながらなかった。事故が起きたと知り、びっくりして震えた」と話した。

引用:https://mainichi.jp/articles/20190508/k00/00m/040/245000c

新立文子の逮捕理由と事故の原因が明らかに

事故後、現行犯逮捕された下山真子さんと新立文子容疑者。(下山真子さんは後に釈放)

事故の原因はどこにあったのでしょうか。

現場は同市東部の琵琶湖沿いの丁字路で、南進していた軽乗用車と右折途中の普通乗用車が衝突。目撃した男性が「歩道上の子どもを巻き込んだ」と110番した。園児らは交差点を渡って湖畔に向かうため、信号待ちしていたという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000032-asahi-soci

現場の状況と双方の運転手の供述・現場検証から、事故の最大の原因は新立文子容疑者による無理な右折が原因だったことがわかってきました。

新立文子容疑者は「前をよく見ていなかった」「ガシャンという衝突音で初めて相手の車に気付いた」と供述。

園児らの目の前で直進車にぶつかり、直進車を園児らの方向へ弾き飛ばしたものと見られます。

  • 当時、信号はどちらも青だった
  • 速度はどちらも法定速度の60km以下だった
  • 車にブレーキ痕はなく、衝突の勢いがそのままの状態で、軽自動車が園児の列に突っ込んで被害が大きくなった
  • 右折の青信号の時間が短く、冷静な判断力を阻害した可能性もある
  • 相手が軽自動車であったため、距離が離れている=右折できるという誤判断を招いた

こうした擁護の声もあるものの、前方不注意、これにつきますね。

そして過失の割合は80%以上、新立文子容疑者の運転に過失があったものと見られます。下山真子さんが釈放されたことも納得せざるを得ません。

ただ、下山真子さんにも一定の割合で過失があることは確か。

下山真子さんは「(右折してきた)車が止まってくれると思っていた。とっさにハンドルを切ったが衝突した」と供述しており、減速などの処置を取らなかった下山さんにも非があると言えなくもないのです。

直進していた軽乗用車は、少しでも「もしも」を考えて減速していたら・・右折車は、前方をきちんと確認していたら・・互いの注意があれば防ぐことのできた事故。

今となっては悔やまれるばかりです・・。

大津署が事故車両に積載されたドライブレコーダーを解析していることが9日、同署への取材で分かった。
自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで逮捕された大津市の新立文子容疑者(52)の乗用車が右折しようとした際、前方の安全確認が不十分で、直進してきた同市の下山真子さん(62)の軽乗用車にぶつかったとみられる。

レコーダーは軽乗用車のみにあり、大津署は事故原因究明の手掛かりになるとみて、さらに調べる。

大津署では、現在も下山真子さんの軽自動車に搭載されていたドライブレコーダーを解析中とのこと。

現場は見通しの良い大通りの交差点。付近住民によれば「こんなところで事故が起きるなんて・・」と信じられない様子。

当時車が出していたスピードについては不明ですが、2台の衝突によって歩道に乗り上げた軽乗用車は複数の園児を巻き込み、園児は車とフェンスとの間に挟まれてしまったということです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000550-san-soci

壊れたフェンスが事故の衝撃を物語っていますね。。

【大津市大萱】園児の列に突っ込んだ犯人の顔や名前を特定?保育園の名前や場所は?

2019年5月8日

追記:直進側のドライバーが釈放されました。

【大津市大萱】新立文子容疑者(右折側)が園児巻き込み事故の原因だと判明!下山真子(直進側)は釈放

2019年5月9日

滋賀県大津市で下山真子と新立文子の逮捕についての世間の反応

最新の話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です