マラソンの「大迫半端ないって!」大迫傑の現役最後のラストランにtwitterでは感動の嵐

懐かしのトレンドワード「大迫半端ないって!」が東京オリンピックでも話題になっています。

今回の「大迫さん」はマラソンの大迫傑選手。

大迫選手は今回の東京五輪で引退を決め、発表していました。

目次

「大迫半端ないって!」の声

「大迫半端ないって!」の声があふれるのは、現役最後とした東京五輪での走りで、まるで命を燃やすかのような素晴らしい走りを見せてくれたから。

インタビュー動画

大迫傑について

1991年5月23日生まれ、東京都出身。

生年月日: 1991年5月23日 (年齢 30歳)
出生地: 東京都 町田市
身長: 170 cm
配偶者: 橋本あゆみ (2012年から)
ハーフマラソン: 1時間01分01秒(2018年)
マラソン: 2時間05分29秒(2020年)
子女: 大迫鈴、 大迫優

大迫傑選手の奥さん

大迫さんの奥さんは元SKEの橋本あゆみさん。

学生結婚し、2人の女児をもうけています。

奥さんは橋本あゆみさん(元SKE)

中学校で本格的に陸上競技を始め、駅伝の強豪校長野県の佐久長聖高校に進学。高校2年生の時に全国高校駅伝の最終7区で区間賞を獲得し、チームの初優勝に貢献。3年生では1区間賞を獲得。その後、早稲田大学へ進学し箱根駅伝では2回の区間賞を獲得、2013年モスクワ世界選手権10000m代表にも選出される。卒業後は日清食品グループに入社し、2015年元旦のニューイヤー駅伝で1区区間賞を獲得する。同社を退社し、かねてから練習拠点であったナイキ・オレゴン・プロジェクト(アジア人史上初)正式に加入。現在はナイキに所属しプロランナーとして活動中。

ネットの声

いつもシェアありがとうございます!
目次
閉じる