「ノンストップ!」自閉症発言の専門家は黒川伊保子?プロフやFacebookと問題の動画についても

17日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜、前9・50)の放送中で、ゲストを務めた専門家の女性が問題発言をしたことで番組が謝罪する騒動が起き、話題になっています。

問題が起きたのは、番組コーナーで「定年夫婦のトリセツ解説」の特集にて。

(専門家の女性は)”気が利かない夫対策”として、夫に妻がやっている家事を教えるために「今から水まきます、今からラーメンつくります」と、ひとりごとのように言う手法を例示した際に「自閉症の子供に何か伝えるかのように、ひとつずつキャンペーンしていく」と発言

確かにこれは発言の真意を疑いますね。

この専門家とは黒川伊保子と言われていますが、真相は?番組動画やプロフやFacebookも合わせて調査しました!

「ノンストップ!」自閉症発言の専門家は黒川伊保子?

結論からいうと、この問題の発言者とされている女性専門家は、黒川伊保子さんということで間違い無いようです。

以下、ツイッターから引用

発言に対しては「黒川さん謝ってよ」「笑いながらいうことでは無いのでは?」などという厳しい声が上がっています。

その他にも

  • 旦那と自閉症の子どもを同じに考える人なんだ………最低
  • え、自閉症で苦しんでる人に失礼すぎるよ
  • 自閉症への差別的な発言、許せません…
  • 自閉症の子に話すように…って発言は良くないよね。すごく気分が悪い。訂正した方がいいのでは…。
  • 自閉症発言で共演者の顔が凍りついてたな。その発言はまずくないか?って顔してた。
  • 自閉症スペクトラムをずいぶん見下しているし、人の個性の見方を間違えている

一方で、自閉症をタブー視することにも配慮を、という声も

黒川伊保子のプロフやFacebookと「ノンストップ!」の動画は?

今回の問題発言をした黒川伊保子さんのプロフは以下の通り。

名前:黒川伊保子(くろかわ いほこ)

年齢:1959年生まれ(60歳)

出身地:長野県

学歴:奈良女子大学 理学部 物理学科卒

株式会社 感性リサーチ 代表取締役
人工知能研究者、感性アナリスト、日本ネーミング協会理事
随筆家、日本文藝家協会会員

著作:「共感障害 ~“話が通じない”の正体」(新潮社)
「妻のトリセツ」(講談社+α新書)
「女の機嫌の直し方」(インターナショナル新書)
「定年夫婦のトリセツ」(SB新書)など。

公式サイト:http://ihoko.com/profile


黒川さんという方、著名人でファンも多い方のようですね。

ただ、「今回の発言で嫌いになった」という人も

年齢が年齢だけに、こうした発言を「歯に衣着せぬ」相手に遠慮なく、率直に思ったことを言う、という意味では、黒川さんに限らず、こうした発言をする著名人、政治家は数多くいますよね。

本人にとっては「庶民に伝わりやすく」という考えでしょうから、言葉を受け取る人の中には傷つく人がいる、というのは取るに足らない問題なのだろうと思ってしまいますね。

聞きたい人だけが受け取れば良い、ということなのですが、TV番組のような場では使うべき言葉ではなかったでしょう。

そもそも研究者ですから、こうした配慮は欠いてしまうのも、一様に責められる訳でもないのかもしれませんが。。

「ノンストップ!」自閉症発言の黒川伊保子に対する世間の反応

最新の話題