校長に念書を書かせ市教委を恫喝した父の危険は気付けなかった?暴走は止められなかったのか?(小4女児)

千葉で小学4年性の栗原心愛(みあ)さんが亡くなった事件で、実父にあたる栗原勇一郎容疑者(41)が当時の小学校校長に対し心愛(みあ)さんに関する情報開示などを約束させる「念書」を書かせていたことや、

市教委が「恐怖のために」アンケートのコピーを渡してしまったことなどが判明し、勇一郎容疑者の狂気と学校・市教委の弱い立場が徐々に明らかになってきました。

心愛(みあ)さんが亡くなる前に、こうした勇一郎容疑者の粗暴性の判断や保護の措置を行うことはできなかったのでしょうか?暴走は止められなかったのか、、調べてみました。

校長に念書を書かせ市教委を恫喝した父の異常に気付けなかった?

当時、父からのいじめを心愛(みあ)さんが訴えたのは2017年の11月のこと。その後、一時保護を受けたものの、親族の自宅での保護を条件に保護を解除。

アンケートが功をそうして心愛(みあ)さんが守られていたかに見えましたが、一時保護が解除され、2018年の1月に勇一郎容疑者が妻とともに小学校を訪れ、ここで校長に念書を書かせています。

しかも、その際には心愛(みあ)さんの手書きの「同意書」があったとされています。

一体どれほどの恐怖を与えてこの「同意書」を書かされたのか、教育委員会も、気がつくことはできなかったのかと悔やまれますね。

いじめ調査のアンケートには「ひみつまもる」と書かれていたたそうです。子供を守るべき立場の者たちが、何のためにアンケートを実施したのか、恥を知って欲しいと思います。

したたかで残忍な父の暴走は止められなかったのか?

心愛(みあ)さんはその後、どのように生活していたのかは明らかにされていませんが、1月18日に市内の別の小学校に転校、そして3月には自宅に戻って生活を再開したそうです。

しかし9月に長期欠席、翌年2019年には、始業式以降の出席がなかったと言います。
一時保護などの処置の過去がありながら、なぜこれだけの長期欠席が放置されたのか、理解に苦しみます。

ここには少なからず、「転校」が発覚を鈍らせた可能性もあるでしょうが、それにしても・・。

『心愛さんは始業式があった今月7日から欠席していた。』
訴えていた児童が始業式から2週間以上も欠席しているのに、担任の先生や学校はなにもしなかったんだろうか?

— なんでも顔に見えちゃう〜まん♡ (@nandemo_kao) January 27, 2019

 

何と、長期欠席を児童相談所が把握したのは心愛(みあ)さんが亡くなる三日前なのだそうです。学校側が報告をしていなかったということでしょう。

しかも事情を知っていたはずの柏児童相談所は保護解除後、一度も自宅訪問を行なっていなかったという事実もわかりました。


柏児童相談所などが28日、記者会見し「保護の解除後、児相と学校の職員が一度も自宅を訪問していなかった」と明らかにした。二瓶一嗣所長は「解除の判断は妥当だったが、その後の対応が不足していた」と陳謝した。

また、勇一郎容疑者は一貫して面談時には「行なっていない」と主張していました。
その言い方も念書やアンケートの時のような態度だったのでしょう。

「その後の8回の面談で、勇一郎容疑者は事実を否定。児相は、近くに住む親族の元で心愛さんを養育し、児相が継続的に関わることを条件に、同12月27日に一時保護を解除した。」
長期欠席把握、児相遅れる 事件発覚の3日前 家庭訪問もせず— Fujiko Yamada (@y_fujiko) January 29, 2019

・・この態度こそ、DVをするような人物の典型的な態度ではないのか思います。
この否定する大人の言葉で子供の声を軽視したことで命が奪われたも同然のような気がしてならないですね。

母がついていながらなぜ・・と思いますが、病弱であったことを思うと、共犯でありながらも被害者でもありますし、心愛(みあ)さんを失って初めて目が覚めたかもしれません。

それでも深く反省し、苦しめ続けた心愛(みあ)さんに謝って欲しいと感じてしまいます。

結局、児童相談所にも学校にも、限界があるのです。なかなかすぐには変われない。

その分、両親がいるのであれば片親は片親をコントロールする力を持つべきとも思います。

それができないのなら子供を守る。

そういう自覚が親にも必要でしょう。

校長に念書を書かせ市教委を恫喝した父についての世間の反応

小4の事件、あの親のような「正当性がないのに相手を威圧して要求を通す」タイプは本当に迷惑。拒否したり、否定すると何をするかわからないくらい逆上するのでキ〇ガイなのだけど、警察に相談しても対応してくれないんだよね。同じような案件で悩んでいるけど未然には防げないと思う。

— 松原圭吾@攻略本研究家 (@zerocreate) February 1, 2019

私も、よく娘に、お母さん居ないと怖いから早く帰ってきてって言われてたな。私が見てないところで叩かれたとかも聞いてたな。エスカレートする前に離れて良かった。

— ネネ (@nenenoman) January 31, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です