【修繕詐欺】長嶋慎之介容疑者の詳細や手口は?台風15号で屋根が壊れた住宅に屋根修理強要で逮捕。勤務する家屋修理会社についても

2019年9月26日、台風15号により被害にあった、住宅を狙い屋根修理を強要、無理矢理に契約させた事件の犯人が逮捕され話題になっています。

事件と犯人の詳細

今回、屋根修理を強要した容疑者の今わかっている情報は、

  • 名前:長嶋慎之介容疑者
  • 年齢:27歳
  • 住所:東京都世田谷区
  • 職業:都内にある家屋修理会社の社員
  • 特定商取引法違反の疑いで逮捕

共犯も存在しており、警察は長嶋容疑者と一緒にいた20代の男の行方も追っています。

また、千葉テレビの報道では、勤務する会社名も報道されています。

特定商取引法違反の疑いで逮捕されたのは、自称・東京都世田谷区に住む家屋診断修繕会社ワンホームの従業員長嶋慎之介容疑者(27)です。引用:チバテレ

報道動画(FNN)

事件の詳細

被害者:77歳女性

長嶋容疑者は、「今修理しないと倍の修理費用がかかる」と迫り、断っているのにも関わらず「じゃあ、自分で上がって見てみなさいよ」等とまくし立て、無理矢理契約させた疑いです。

被害者女性は25万円の修理代金を支払わされた後、通報。警察は契約書に記載されていた会社名などをもとに捜査を進め逮捕に至りました。

実際に屋根の修復工事は行ったものの、「接着剤のみを使って修理しただけ」等、正規の工事とは言えない作業であったそうです。


台風15号被災者を狙い、「修繕詐欺」を目的とした詐欺師が各地から集まっています。

  • ガムテープを貼るだけで18万円
  • 保険をもらえる手続きをしてあげる。
  • 代金だけ持ち逃げする

など、手口は様々。

修繕詐欺の手口の中には、市町村の職員を語り修繕等を持ちかける事例もあるため、細心の注意が必要です。

ネットの反応