村田知樹のプロフや年収や経歴は?奥さんや子供はいる?ホリエモンが天才として話題に

2018年12月16日放送の、「消えた天才 3時間スペシャル」で、ホリエモンこと堀江貴文さんが紹介した、消えた天才、「村田知樹」さん。

あまり人を認めない堀江さんほどの人物が嫉妬するほど認めた村田知樹さんという人物。

一体、どのような人なのでしょうか?

村田知樹のプロフや年収や経歴は?

村田知樹さんは、堀江貴文さんと同じ学校に在籍しており、先輩であるという事が言われていた事から、年齢は現在47~48歳。もしくはその前後であると思われます。

村田知樹さんは、現在の職業としてソニーの系列会社で、アーティストを売り込む仕事をしているようです。

番組内では、乃木坂46のメンバーと顔なじみであるという感じで挨拶もしており、中国の奥地に訪問するという仕事もしていたのだとか。

そしてそんな村田知樹さんの1番の功績として、番組内で紹介されていたのが、あの「着うた」の産みの親であるという事実。

今でこそ、音楽をダウンロードするのは当たり前になり、着信音に歌つきの音楽を使うのは当たり前すぎてあまり使われていませんが、当時は「着うた」といえば中高生の間で爆発的に普及したコンテンツでした。

そんな着うたの売上規模は、およそ「1000億円超」まで発展したのだとか。。

本当にすごい人であったというのがよくわかるエピソードですね。

当時のニュースにも村田さんがインタビューに答えたこんな記述がありました。

音楽配信会社「レーベルゲート」の村田知樹企画開発部プロデューサーは「中高生は、携帯電話のスピーカーで友達と一緒に音楽を聴くといった楽しみ方をしている」と指摘する。

村田さんの年収については、詳細はわかりませんがソニーの平均年収が897万円という事。

部長クラスの年収は1500万円を超えるとか。

大きな実績を持ち、高い役職につく村田さんは1000万円をゆうに超える年収を持っているのではないかと予想できます。

そして、そんな村田知樹さんは学生時代からもものすごかったようで、堀江さんが知っている限りでは卒業式に急に演説をしたりという事も。しかもその事について、スタッフが本人にインタビューすると、

「覚えていない。。」との事。

一般人からしたら人生に一回もないとんでもないエピソードでもありますが、村田知樹にとってはそんな演説は日常茶飯事だった様子です。

村田さん自身、ツイッターやインスタ、ブログのようなものはしていない様子です。

村田知樹さんの学生時代

村田知樹さんは大学の在学中、「走ればばあの群れ」という劇団を主宰していたようです。

出典;http://mattsun.jp/blog/archives/2006/10/post_63.html

こちらの画像は、当時の劇団のメンバーが2006年にブログに投稿していた画像のようで、メンバー飲み会は卒業した後も定期的に行っていたようですね。

学生時代は破天荒な言動で周囲を驚かす事もあったようですが、やはりそこも頭の良さから来ており、人への配慮ができており、それによって劇団を主宰するほどの人望もあったのだと予想できます。

残念ながら、結婚をされているのか?奥さんや子供さんにつていも今回の番組では明らかにされていませんでしたが、ホリエモンが嫉妬するほどの人物であった村田さん。

メディアには表だっては出ていないが、開発者や仕掛け人としての天才が世の中には知らないだけで多くいるんだなと感慨深いものです。

今後も新しい開発や、企画でエンタメ業界を騒がしてくれるのを期待したいですね!

村田知樹さんについての世間の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です