南青山の児童相談所の説明会の動画は?建設される場所や地価と反対署名の数についても

南青山の一等地に複合児童施設として、児童相談所(児相)の建設予定を港区が計画している件について、12月14日、大規模な説明会が開催されました。

しかし、その建設計画について建設予定地、周囲の住民から「大きな反発と批判により大荒れ」しているという事態が起こり、話題になっています。

子どもたちを守ってあげるべく、必要不可欠と思われる、この施設の建設に反対の余地はないように思えますが、どういった内容で批判しているのでしょうか?

説明会の動画や、建設が問題視されている場所や地価。実際の反対署名の数についても気になります。

南青山の児童相談所の説明会の動画は?

まず、問題となっている、南青山の児童相談所の説明会の動画はこちら。

この動画は、説明会開催時のほんの一部の報道動画になっています。

動画に出てくる女性が、意見しているのは、

  • なぜ南青山なのか根拠を教えてほしい

との事。この動画だけでは、なぜ、そこまで南青山を建設場所にする事についてそこまで反対をするのかわからない事になりますが、その背景には下記の動画のような心情があったようです。

これは10月8日に開催された説明会の様子の動画ですが、児童相談所ができるというだけで、こんなにも参加者の怒号が起き、まさに「大荒れの事態。」

立ち上がり、TPOをわきまえず、悪質なクレーマーのように怒鳴り撒き散らす、とてもまともな大人とは思えないマナーの悪い言動をせざるを得なかったその理由とは何だったのでしょうか?

参加者が反対する意見として、発言している内容は

  • 青山じゃなくていいんじゃないですか?田町とかでいいじゃないですか
  • そんなに大きなものが必要なのか?
  • 触法青年やDVの被害者の子供などが保護されるため治安が心配
  • なんで触法少年のために100億もかけて施設を作るのか
  • 表参道の超一等地にそんな施設を作ると港区としての価値がさがるのではないか
  • ネギ一つ買うのにも紀伊国屋に行く場所で保護される人が大変
  • 1600円もするランチ単価の所にそんなもの作る必要ない

などなど。。子供を気遣ったような遠回しな言い方での、南青山の価値のみを気にした発言の数々。

今回の12月の大規模説明会でも、反対意見の多くは「南青山のブランド低下」に主眼を置いた発言の数々がほとんどであったようです。

中には「入所した子供が1歩外に出ると、そこには幸せな家族、着飾った人、おしゃれなカフェ。その場面と自分を見たときのギャップ。そんな状況が心配」

といった、同じ人間として呆れ返ってしまう、女性の意見も。。

しかし、もちろんこのような悲しい反対意見のみならず、住民の方からは建設を肯定する賛成意見と、反対意見を疑問視する意見も。

  • 子を持つ親として、こんな理由(ブランド低下)で反対したとは、将来子供にとても言えない
  • 建設反対は、虐待を受けている子供を見捨てる、虐待に加担している行為

ニュースでは反対意見のみがクローズアップされて、悲しくなってしまいますが、ネット上や世間の意見も概ね住民たちの「南青山のブランドが低下」するといった意見に疑問視している声が大きいようです。

南青山の児童相談所の建設される場所や地価と反対署名の数は?

今回、南青山に児童相談所が建設される詳細な場所についてですが、こちらになります。

  • 住所:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4−51
  • 建物名:(仮称)港区子ども家庭総合支援センター
  • 完成予定:2021年4月
  • 面積:3200㎡(地上4階建)

確かに超がつく一等地。

南青山の地価の相場も

平均相場 66,253.5 万円(194.4 万円/㎡、642.8 万円/坪)

と、かなりの金額。1世帯の平均家賃は約83万円という事から、高いお金を払っているという自負から自分の周囲の環境が崩れてしまうのに大きな不満を持つ人間心理も理解はできなくもない所ではあります。

説明会後は、会場の外で、周囲の不動産会社に事務局を置く団体による反対署名の活動も行われたようですが、どれくらいの反対署名が集まっているのかは現状では定かではありません。

ただ、現状のネットも含めた日本全体の意見を見る限り、日本全体では「子供より南青山の価値を守ろう」と思っている人たちはかなり少数でしょうし、説明会の怒号に対する拍手もまばらである事から今回の心無く思える反対意見の全体の割合はかなり低いかと思わます。

今回、声の大きな少数意見により物議をかもしている「南青山の児童相談所」建設問題ですが、今後もっと反対意見が過熱し、それがメディアで大きく取り上げられる事により、逆に建設支持派が増える事が予想されます。

どんな過去を送っていようとも未来のあるのは子どもたち。

そんな子どもたちが未来を無くしてしまうきっかけを作ってしまうのは心無い大人たちの言動がスタートであり、それ意外に無いと思っています。

不幸に直面している子どもたちが一人でも救われるように、このような施設の更なる充実化を望みたい所です。

南青山の児童相談所の説明会についての世間の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です