マスクのフィッシング詐欺(迷惑メール)の手口に注意!コロナに便乗した架空のマスク販売広告メールが危険

新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続く中、転売屋の買い占めなどマスクにまつわる様々なトラブルが続く中、

今度はそれに便乗し、マスクを販売すると語った迷惑メールが多発し話題になっています。

詳しい内容は⬇️から

マスクのフィッシング詐欺(迷惑メール)

上記の画像の手口をまとめると、

  1. 高額のマスクを販売するというメールが届く。
  2. メールには販売ページと思われるURLが。
  3. タップする(もしくは別サイト内で情報を入力すると)個人情報が盗まれる。

どうやら、この詐欺の目的はマスク販売ではなく、個人情報を不正に取得するフィッシング詐欺である様子。

そして騙されやすいポイントとして、実際に存在する店舗の名前を送信元としたメールが届くそうです。

その他の日本で出てきているコロナにまつわる詐欺として

  1. 「下水道にウイルスが付いている」として高額な洗浄代を要求する電話
  2. 「マスクを無料送付する。確認をお願いします」とURL付きのメール

等があります。

シークちゃん
本当の広告メールと混じってウッカリURLを開いてしまいそうですね。。周囲にも呼びかけ気をつけましょう

マスクにまつわる詐欺は世界中で起こっているらしく、仮想通貨界隈では約2億円超の被害が出ているという報道も。

詐欺師らは、マスク、消毒液、薬といったパンデミックの必需品を販売するとアピールし、パニックに陥っている消費者から少なくとも200万ドル(約2億円超)相当の仮想通貨をだまし取った。ブロックチェーンセキュリティ企業AnChain.AIが発表した。引用:coindeskjapan