「父からいじめ」アンケートは市教委の誰が渡した?母に渡さなかった理由とその代償は(小4女児)

当時小学4年生だった栗原心愛(みあ)さんが亡くなった事件で親にあたる栗原勇一郎容疑者(41)に対し、市教委が「父からのいじめ」のアンケートのコピーを渡していたことが明らかにされ、「ありえない」「幇助ではないか」と避難を浴びています。

まだ10歳という小さな体で必死に父からのいじめを訴えたにも関わらず、その加害者を逆上させるような、市教委の非情な対応はなぜ起きたのでしょうか?母に渡さなかった理由や、その結果起きた実害について調べてみました!

「父からいじめ」アンケートは市教委の誰が渡した?

今回問題になっているのは、栗原心愛(みあ)さんが「父からいじめを受けている」と報告した件に関連するアンケートのコピーを、市教委が何故か父親に渡したもの。一体何故、誰が行ったのでしょうか?

追記:アンケートを渡した人物は、野田市教育委員会学校教育部次長兼指導課長矢部雅彦学校教育部次長(兼指導課長)とのことです。

理由は明らかにされていませんが、考えられる理由としては

  • 実父である栗原勇一郎容疑者に家族で議論してもらうよう促す目的で野田市教委代表の意向で渡した
  • 栗原勇一郎容疑者の申し出で、野田市教委のスタッフがコピーを用意し渡した。

といったことが挙げられます。

追記:詳細が明らかになり、父親が娘に書かせた虚偽の文章を携えて、教育委員会に乗り込んだ(恫喝した)こと、また教育委員会が「恐怖を感じて」アンケートを渡したことが明らかになりました。→関連:校長に念書を書かせ市教委を恫喝した父の危険は気付けなかった?暴走は止められなかったのか?(小4女児)

いずれにしても、 世間的には加害者である父にアンケートを渡す、という点だけ見ればどう考えてもストーカーに被害者の住所を教える様な感覚と同じではないかと思ってしまいます。

どの様な経緯で渡されたかについては、父からのアポイントでアンケートが渡されると考えるよりは、市教委全体の意向で「家庭で話し合ってもらう様、父に直接諭す意味もあり、父に渡した」・・・という感じではないかと思います。

それだけ、市教委の考えが現場と乖離していることは、経験したことのない大人にはわからないのかもしれませんね。無論言い訳になどなりませんが・・。

「父からいじめ」アンケートを市教委の母に渡さなかった理由とその代償は

本来であれば、普通の感覚で行けばアンケートは母親に渡されたはずです。

でも渡されなかったのは何故・・?渡さなければ、その1年後に起きた悲しい事件も防げたのでは、という声もみられます。

実際のところ、栗原心愛(みあ)さんの母にはもう1人お子さんがいて、母子ともに栗原勇一郎容疑者に危害を加えると脅されていた、とも言われています。

そのあたりも明らかにされていませんが、日常的なDV家庭だった可能性はあります。

また、その様な中だと母親が精神を病んで子供を守るという正常な判断も麻痺してしまう、心愛(みあ)さんを盾にして、母親が保身を優先させてしまう、ということも起こり得ます。

そもそも「父からのいじめアンケート」が生まれたのも、そうした「母すら味方になってくれない」現場があったからこそなのでしょう。

かわいそうで、言葉になりません。

千葉県野田市教委は子供1人の命を大切に扱う意志がない。
事態を軽視しすぎ。
心底許せない。
やっとの思いで書いたSOSのアンケートを加害者の父親に渡すという頭の狂った決定事項に誰も反発しないとは— hishokomin (@hishokomin) January 31, 2019

 

今後、求められるのは野田市教委の対応の詳細、何故その様な判断を行ったのかということと、今後対応を修正・改善をしていくという明確な宣言です。

また、今回も児童相談所が介入していなかったとのことで、そのあたりも気になります。

救えたはずの命では、と世間でも声が上がる案件なだけに、2度と同様のケースが起きない様、しっかり学校・市教委・児童相談所の連携体制をし行って欲しいですね!

「父からいじめ」アンケートを父に渡した市教委への世間の反応

思わず「は?」と声が出ました。
なぜ父親に渡したのか。理由を聞きたいです。
父親に渡したら、怒って娘さんに危害が及ぶ可能性があると専門家でなくてもわかる事ではないでしょうか?
娘さんの大切なSOSを踏みにじった。腹立たしいです。無念でなりません。

私は、小学校の道徳の時間に、子供達に親や兄弟からの耐え難いいじめがあると言う事を教えて、今、親から子供達が叩かれていないのか話しを聞く時間を持つべきだと思っています。
親から被害を受けているという話しを教師が聞いた場合は警察に伝えて、警察に動いてもらうようにするべきと思っています。
児童相談所は権限がないのであくまでも相談だけと思います。
子供達に知恵をつける事が大切です。

子供の人権を尊重 どころか命を奪うかのような行為だと思います。

たとえ誰にも教えられなかったとしても子供が危険な目に合う可能性を想像出来なかったと言うのですか?

子供1人1人があなたがたと同じように悩んだりしながら一生懸命生きている。
子供は一人きりでは生きていけないんです。
教育委員会はしてはならない行為をされたのではないかなと思います。

3 件のコメント

  • 絶対に許せない。直接的に関与したというレベルの罰を与えるべき。

    頭が悪い。

    自分が訴訟されるとか、責任を問われるとか、そういった事の方が子供の安全より重いという判断。

    経験のある者10人くらい集めて、煮るなり焼くなり任せて処罰されればいい。

  • 普通 子供がされたら 親が悲しみますよね。その親が子を○○たので 悲しんであげる人がいないから 私たち他人が悲しんであげましょう。 そうでもしないと
    うかばれない。

    それから 荷担した 市の教育委員会のヘタレども

    すみません

    って、誰に謝ってるんだ。世間にか?
    みあさん 申し訳ありませんでした。と
    なぜ言えないんだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です