小山智史さんに助けられた?カリタス小学校の児童が「守ってもらった」と証言【川崎襲撃事件】

2019年5月28日に起きた川崎襲撃事件から約1週間が経ちました。

亡くなられた児童と小山智史さんを含む20名の死傷するという被害を受けたカリタス小学校も、5日から再開となります。

出典:朝日新聞デジタル

事件以来、カリタス小学校の生徒の心のケアについては多くの声が上がっていましたが、学校側では4日午後に保護者会が開かれ、子どもたちの心のケアなどについて説明が行われたとの事。

これまで子どもたちの目に映った事件の様子が語られることがない中当時現場にいた児童の一人が男性に助けてもらったと証言していたことがわかり、

その男性が、事件で亡くなった小山智史さんのことでは?と話題になっています。

小山智史さんが助けた?カリタス小学校の児童を守っていたと言う証言の真相は

以下は4日放送の報道ステーションの内容。

ネットでは「小山さんに違いない」と賞賛の声が上がる一方で、「報道の偏見ではないか、捏造だ」という見方もあります。

 川崎市で20人が殺傷された事件をめぐり、バスを待つ列に並んでいた女子児童が「けがをした男の人に助けてもらった」と話していることがわかった。

この事件の被害者で、成人男性は亡くなった小山智史さん(39)だけだった。カリタス小学校では4日午後、保護者会が開かれ、子どもたちの心のケアなどについて説明が行われた。小学校は5日から再開される。

助けてくれた人=小山さんだろうと言う人の反応

助けてくれた人=別の人だろうと言う人の反応

ネットの声
小山さんが助けたかのような文面の記事ですね。
報ステは視聴者に何を思わせたいのでしょう。

児童の列から小山さんまでの距離、小山さんのダメージの大きさから考えると現実的には不可能です。


ネットの声
他の人の血がついた人かもしれないね。

ネットの声
私もそっちだと思う。

すぐそばのクリニックの医師やナース、通行人がすぐ助けに入ったと事件初日のニュースで言ってたし、手当してたら血はつくだろうし。

シークちゃん
こうした報道番組を作ることで、”理不尽な死”を受け入れられると言うこともあるのかも。
確かなのは、小山さんの傷からは、「子どもたちの列を守ろうとして戦った跡」があったこと。お父さんとしての無念を思うと・・辛い。

最新の話題