【解禁】攻殻機動隊のNetflixオリジナルのキャラデザ担当はイリヤ クブシノブ みんなの感想は?

大人気アニメ、攻殻機動隊がNetflixオリジナルアニメシリーズ 『機動 SAC_2045』として放送決定。

そのキャラクターデザインが解禁された事が話題になっています。

キャラデザ担当は「ロシア人イラストレーター、イリヤ・クブシノブ」

詳細とみんなの感想は⬇️から

攻殻機動隊のNetflixオリジナルの素子のキャラデザが解禁!


Netflixはフランスで開催中のアヌシー国際アニメーション映画祭にて、Netflixオリジナルアニメを紹介するパネルイベントを現地時間6月11日に開催。神山健治と荒牧伸志が監督を務め、2020年に配信を予定している新作『攻殻機動隊 SAC_2045』の主人公・草薙素子の最新ビジュアルを公開した。

引用:IGN

キャラクターデザインを担当することが発表されたイリヤ・クブシノブさんは、

「素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています」

とコメント。

他キャラクターの解禁は随時されていくでしょう。

イリヤ・クブシノブについて


コメント全文

日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」がきっかけです。「こういう素敵な作品を作りたい!」という思いから、日本で活動することを決めました。私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある「攻殻機動隊」への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています。

引用:コミックナタリー

ネットの反応

シークちゃん
楽しみですね

最新の話題