kokiの「シャネル」ランウェイデビューはコネ確定?オーディションに合格した理由は「キムタクの娘」という七光りか

元SMAPのキムタクこと、木村拓哉さんの次女である「koki」(木村光希)さんがパリコレでシャネルのモデルとしてランウェイデビューした事がネット上で大きく炎上しています!

その内容は、

  • モデルデビューはコネ確定
  • ゴリ推しすぎる
  • モデルと釣り合っていない

等などの批判的な意見が多数。。

木村拓哉さんの娘というkokiさんに対して、他のモデルの質と比較してもコネでの出場以外は考えられない大多数のようです。

それではそのkokiさん、今回のシャネル出場は本当にコネなのでしょうか?

kokiの「シャネル」ランウェイデビューはコネ確定?

まず今回、話題になったkokiさんのシャネルランウェイ時の動画はこちら。

 

View this post on Instagram

 

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿

後半でカメラが振り返っている時に歩いているのがkokiさんです。

静止画で見るとこちら。

完璧なスタイルのモデル達がランウェイを歩いてくる中、kokiさんが歩いてくる所だけ、凹になっている印象。。

顔をはっきり見てなくても、歩いてきた時の違和感でこれがkokiだとわかるくらいですね。

今回kokiさんが出場したシャネルのコレクションは、クルーズコレクションで、パリコレ等の有名なコレクションよりはランクが下のコレクションにはなります。

が、世界的有名なブランド「シャネル」がここまで違和感を感じさせる「koki」さんをまともな判断で起用したとは思えないのもとても納得のいく所。

何やら黒い闇がかかったコネ確定!!と言いたい所ですが、どうやら今回kokiさんが出場した「クルーズ・コレクション」の性質上100%そうとも言えないようなんです。

kokiがシャネルランウェイデビューした理由(推測)

クルーズ・コレクションの主な参加者は、

世界中から大勢が押しよせるファッションウィークとは反対に、クルーズラインは、限られたごくわずかの関係者とインフルエンサーのみが招待される。ゴージャスで暖かい場所で開催されることも

引用:I・D

上記に書かれているように、現在のクルーズ・コレクションは業界関係者というより、「リゾート向け商品」を先取りした世界中の富裕層の間で人気が出ているコレクション。

そして、その富裕層といえば、中国を筆頭としたアジア系のお客さんが多くなってきたのが現状なんですね!

そんな中でアジア人を起用したいなと思ったら、木村拓哉の娘であるkokiさんの知名度は抜群です。

デビューするやいなや、日本で数々のファッションブランドの表紙を飾ったり、ブルガリのアンバサダーになったりと活躍してきました。

そして実はkokiさんは中国のファッション雑誌でも表紙を飾っていたようなんです。

その雑誌の名前は、「紅秀GRAZIA」

この雑誌は中国でも最大手に人気のファッション雑誌で、その発行部数は200万部/月との事。

ただ、もう1つここでコネ疑惑。。

2017年の4月には父親である、木村拓哉さんも同雑誌で表紙を飾っていたとの事なんです。

元々、木村拓哉さんの人気は中国でもかなりあり、木村拓哉さんの表紙起用は納得のいく所。

ただ、業界経験の浅い、kokiさんの起用は。。。(さすがにコネか七光り)

これは生まれ持ったものなので、しょうがないといえばしょうがない事になりますがコネでゴリ押しはしていないとしても、親の七光りでの鮮烈デビューである事は間違いのない事実ではありますね。

ビジネスの目的上、知名度のない人より、知名度ある人を使うのは当然ですね。

そして結論。

kokiのシャネルのランウェイデビューは、コネによるゴリ押しじゃないとしても、キムタクパワーが半端ない!

ただ、もちろん実力がないと、一瞬七光で出てきても、明石家さんまさんの「imaru」さんのように急降下してしまうだけなので現状の活躍はkokiさん自身の努力と才能によるモノも相当あるのは認めざるを得ない所です^^

【納得】親の七光りを感じさせない二世タレントランキングが超妥当

2019年5月6日

kokiのシャネルデビューについての世間の反応

最新の話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です