紅白歌合戦の出場者(内定者)の選考基準や選考理由は?AKBが落選などでも話題に

2020年大晦日に開催される大31回紅白歌合戦の出場者が発表され話題になっています。

NHKは16日、大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(後7・30~同11・45)の出場歌手を発表した。オーディション番組を勝ち抜いて誕生した9人組ガールズユニット「NiziU(ニジュー)」のほか、今年ジャニーズ事務所から同時デビューした6人組「SixTONES(ストーンズ)」と9人組「Snow Man」らが初出場を決めた。また、2009年から11年連続で出場していた女性アイドルグループ「AKB48」は選出されなかった。引用:yahoo

毎年話題となる紅白歌合戦の内定者発表ですが、選考基準は一体?

紅白歌合戦の出場者(内定者)の選考基準や選考理由は?

NHKのHPによれば、

  1. 今年の活躍
  2. 世論の支持
  3. 番組の企画・演出

という3つの点を中心に決めているようです。

詳細は以下の通りです。

1.今年の活躍

簡単に言えば、実際の売上・需要度

A)CD・カセット・レコード・DVD・Blu-rayの売り上げ

B)インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査

C)有線・カラオケのリクエスト等についての調査

2.世論の支持

簡単に言えば、アンケート結果

E)7歳以上の全国3584人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査の結果。
※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」

F)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果
※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで」

ランダムデジットダイヤリングとは

簡単に言えば、ランダムに電話をかけてアンケートを取る方法

「RDD」とは「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」の略で、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて番号を作り、電話をかけて調査する方法です。この方式だと、電話帳に番号を掲載していない人にも調査をお願いすることができます。

3.番組の企画・演出

3つ目の番組の企画・演出についてはNHKホームページ上に詳細の記載はありませんが、

紅白歌合戦という歴史があり幅広い世代が視聴する番組を構成するために、2020年現代のトレンドを加味しない出演者選定もあるよ。という事も含まれると思われます。

トレンドとしての急上昇は無いけど、幅広い年代に長く愛されている曲や歌手などはここに当てはまるかもしれません。

最近の紅白の傾向として、演歌歌手の出演が減少傾向にもあります。