緊急停止ボタンを押した学生に心無い言葉を浴びせた人物は誰?停止ボタンの正しい使い方についても

電車の中で急に体調を崩し、痙攣・嘔吐をしてしまった男性のために緊急停止ボタンを押した学生に対し、心無い言葉を浴びせた人物がいたことを告白したツイートに対し、

「ありえない!」と憤慨・共感するツイートが話題になっています。


こんな言葉を放った人物はどんな人物だったのか。また、現場で出たという緊急停止ボタンを押すべきで無いという意見は正しいのかどうかについても調べました!

緊急停止ボタンを押した学生に心無い言葉を浴びせた人物は誰?

 

ツイッターで投稿したのは関東在住と思われる「せきまゆか」さん。プロフィールから推察して若い女子学生さんかと思われます。

彼女に心無い言葉を放ったのは、「多数の大人」なのだそうです。特定こそできないものの、これが世間の大人の対応かと思うと、本当に恥ずかしいですね。。

倒れた男性は彼女のおかげで電車を降りることができたと思われますが、この現場の心無い言葉に対し彼女は

と話しています。ツイッターでのリプライにも、彼女を批判するコメントもあった様です。日本は冷たいな・・。

自分の行動に対し自信を持っていたとしても、世間のそうした冷たい反応から受ける傷は相当なものですよね。。

上記のツイートの様な気丈な振る舞いには本当に尊敬してしまいます。

緊急停止ボタンを押した学生の行動は正しい!停止ボタンの正しい使い方は?

相当や今回の勇気ある行動に対してはツイッターでも意見が別れた様で、「緊急停止ボタンを押すなよ」と言った趣旨に近い「彼女を批判するリプライ」も多かった様ですが、この「緊急停止ボタン」を押したことは間違いだったのでしょうか?

ケースバイケースですが、今回の判断・行動は確実に正しかった、と言えるでしょう。

 

批判とまでは行きませんが、こう意見する人もいます。

停止ボタンは「押さず」に、インターホンで通報か、携帯で119番して指示に従うのがベストです。非常停止させてしまうと、駅まであと一歩のところで立ち往生して、かえって救助に時間がかかってしまう

確かに、関東の電車であれば駅と駅の間隔も狭い。緊急停止をした場合、例えば高架上だったりすれば救急車が近くまで行けず、次の駅で停止した場合よりも救護に時間を要する場合もあるんじゃ無いかという考えもあって当然ですね。

こんな意見もありますが、この考え方は間違っています。

実際には緊急停止ボタンには以下の様な目的が含まれている様です。

ということは、見て「緊急性が高い」と直感したら迷わず押して良い、ということですね!

仮に喧嘩などが起きたとしても、「危険性がある、異常である」と感じられたらそれは誰かが傷つく可能性があるので押すべき、という解釈になりますね。

緊急停止ボタンを押した学生と周りの大人に対する世間の反応