カルロスゴーンの逮捕によるルノーへの影響は?日産やその他子会社の状況についても

2018年11月19日、日本自動車業界最大手、日産自動車の会長、カルロス・ゴーン氏が逮捕されたというニュースが注目を集めています。

カルロス・ゴーン氏は、自身の報酬を歌唱に申告した疑い、「金融商品取引法違反」での逮捕となります。

カルロス・ゴーン氏はルノーから派遣され、日産の経営危機の改善に努め再建を進めた、ヒーロー的存在。

今回の逮捕により派遣元のルノーへの影響や日産やその子会社への影響はどうなるのでしょうか?

カルロスゴーンの逮捕によるルノーへの影響は?

出典:https://goo.gl/images/XNDTo2

今回、報酬を過少に申告したとの疑いにより逮捕まで至ってしまったカルロス・ゴーン会長。

過少に申告した金額は億単位にのぼるとい言われており、更に金額もさる事ながら、影響力の大きな人物であるために各所への大きな影響が予想されています。

カルロス・ゴーン氏は元々、フランス・パリに拠点を置く、自動車会社ルノーから派遣され、現在では、日産とルノー、更に三菱自動車の会長も兼任する自動車業界の主要人物。

今回の逮捕がこの3社に大打撃を与える可能性は避けられないのではないかと言われています。

上の図は、ルノーの株価のグラフなのですが、ゴーン会長の逮捕が報道された19日からかなり下がっているのが見て取れます。

これは一時的なものになるかもしれませんが影響力の高いゴーン氏の逮捕により、ある程度の後退を免れなかったのは確か。

また、ルノーの大株主でもあるフランス政府は、ルノーと日産の合併を模索していたようでそれをゴーン氏は拒否しつつも、最近は合併の方向に舵を取っていたとも言われています。

フランス政府の日産をルノー傘下に入れるという目論見を壊すべくの、今回の逮捕劇なのかまたはその逆か?

少なくとも今回のゴーン氏にの逮捕により、3社連合の崩壊や、今までの業界の再編成等、大きく局面が動き出すのではないかと噂になっているようです。

カルロスゴーンの逮捕による日産やその他子会社の状況は?

日産自体の株価の下落もやはり避けられないようで、

夜間にはマイナス8%の下落。これも一時的なものにはなるでしょうが、影響の大きさを感じさせます。

 

また、今回のゴーン氏の逮捕に対しての日産の記者会見が行われました。その際の動画がこちらです。

今回の件は、不明確・不明瞭な点も様々あり、経営を引っ張っていたはずの会長の逮捕であるのにも関わらず、会見にのぞんだ日産の社長の様子の淡々と他人事のように語る印象にもかなりの違和感を受けます。

また、逮捕に至ったいきさつは内部調査による発覚。いわゆる内部告発というようにも受け止められる所になります。

まだ、逮捕されたばかりでその背景やいきさつ等、詳しい所は明らかになっていませんが、今後調査が進み、時間が経つに連れての三社の関係性の変化は確実に起こっていくと思われます。

再建の経営手腕の素晴らしさですごいとされていた、カルロス・ゴーン氏ですが、外からは見えない評判はどうも悪かった様子で、ゴーン氏が逮捕された直後、ホンダのディーラーのツイートにこんなつぶやきが。。

地方のディーラーの従業員でさえ、このようなつぶやきを公にするくらいですから、日産本社内での敵も多くいたのは確かだったのでしょう。

カルロスゴーン氏の評価される実績としては、日本人にはできない大胆なコストカットのための行動にあったという事はよく言われている所になります。 ただそこには色々な末端の痛みもあり、恨みをかう事も多くなるのは確実です。

今後、カルロス・ゴーン氏は会長を兼任する3社から離れる事になると思いますが、ゴーン氏がいなくなった状況での今後の影響と3社の進む道に注目したい所です。

カルロスゴーンの逮捕による世間の反応