じゅうじゅうカルビのO-157の原因の食材は肉?仕入先や発生した店舗名も

すかいらーくホールディングス系列店にあたる焼き肉チェーン「じゅうじゅうカルビ」の東京や大阪など計7店で、腸管出血性大腸菌O(オー)157による食中毒が発生し、25日から全61店で営業を停止したことが話題になっています。

高い確率で死亡者も出てしまう食中毒事件。今回のo-157は8~12日に来店した計8人が発症したとのことですが、原因の食材(肉?)や仕入先、食中毒が発生した店舗がどこなのかが気になります。

と、ということで早速調べてきました!!

じゅうじゅうカルビのO157の原因の食材は肉?

今回の食中毒では全61店舗(多い!!)の中の東京や大阪のほか、神奈川、兵庫、埼玉、福井の店舗で食中毒の症状の連絡が保健所や客からあったとのこと。

常時に広範囲で起きた食中毒であったことから、店舗の衛生状態というよりは食材に原因がありそうです。

焼肉には頻繁にいく人も多いので、心配な人も多いはず。一体なんの食材が原因だったのかが気になるところですよね・・!

すかいらーく・じゅうじゅうカルビとしても、「原因は共通の食材」とみて調査しているようですが、現在のところはどの食材が原因であったかは特定されていません。

o-157は加熱で殺菌ができるので、十分に焼いた肉であれば体内に入る前に死んでしまい安全です。

ただ、畜肉にはo-157が高い確率で生存しているようなので、畜肉に触れた生食のもの(サラダ)やしっかり加熱されていない肉を食べてしまった場合、今回のような食中毒が起こり得ます。

チェーン店なので、加工工場で畜肉に接触しやすい生食用の食材があった可能性は十分にあり得ます。

人気店なだけに利用者も多く、重篤患者が出なかったのは不幸中の幸い。1日も早い原因究明が求められます。

じゅうじゅうカルビでO-157の原因の食材の仕入先は?発生した店舗名も

食材の仕入先は?発生店舗は?

「じゅうじゅうカルビ」はすかいらーくホールディングスグループの傘下にある「トマトアンドアソシエイツ」(兵庫県西宮市)がフランチャイズ契約した店舗になります。

おそらく食材はすかいらーくグループの工場からの出荷となることが予想されますが、現時点で明確な仕入先はわかっていません。

株式会社すかいらーくホールディングスの傘下企業である株式会社トマトア ンドアソシエイツが運営する焼肉「じゅうじゅうカルビ」の一部店舗におきまして、本年 2月8日(金)から2月 12 日(火)にかけてご来店いただいた一部のお客様より、先週以 降、下痢・嘔吐等の症状があったとのご連絡が寄せられております。また、一部のお客様 については、O157 による症状であったことが確認されております。 本件の発生原因については、現在保健所のご指導の下に調査中であります。

また、食中毒の発生店舗も一部店舗、という説明に止まり、SNS等での情報でもどの店舗で発生したかを特定することはできませんでした。

店舗の衛生管理にも問題?

今回閉店した理由はなんらかの「共通共通の食材」によるものでしたが、「じゅうじゅうカルビ」の店舗の衛生管理にも問題があったのでは、と思ってしまう気になるツイートも見つけました。

「じゅうじゅうカルビ」のようなバイキング形式はすかいらーくホールディングスの系列店ではよくある形式ですね!

出典:https://twitter.com/

その分低コストで食事を楽しむことができるのがメリットでもあるのですが、食器などのセルフサービスも多いためにどうしても衛生面ではよくない部分が出てきます。

先日まで話題になっていた「バイトテロ」に続き、チェーン店での「食中毒」と事件が続くと、外食に対しての目が厳しくなりそうですね。

今後再び起きないよう&衛生面が徹底された環境で、食事が楽しめるように改善して欲しいですね!

じゅうじゅうカルビでのO-157の食中毒に対する世間の反応

最新の話題